GIANT 2020年モデル:軽量クロスバイク「CROSTAR」はフロントダブルに


GIANT(ジャイアント)が、軽量クロスバイク「CROSTAR(クロスター)」の2020年モデルを発表しています。

photo_ジャイアント

ロングセラーとなったクロスバイク「ESCAPE R3」の乗りやすさ、扱いやすさは受け継ぎつつ、より軽く、そしてキレのある走りを可能にしたのがCROSTARです。その立ち位置は「ESCAPE R3とESCAPE RXの中間(のR3寄り)」といったところ。

photo_ジャイアント

2020年モデルでは、ブラックとホワイトの2色を用意。ESCAPE R3は700×30Cタイヤを採用しましたが、CROSTARは引き続き28Cタイヤを採用しています。



そして、大きく変わったのがフロントギアです。

従来モデルはフロントトリプルで、前3段×後ろ8段の24段変速でしたが、2020年モデルではフロントダブル、つまり前2段×後ろ8段の16段変速となりました。具体的には、フロントギアは48/38/28Tから46/30Tへと変更。リアのスプロケットも11-32Tから11-34Tに変わっています。

これには、トータルの変速段数は少なくなっても、街中での使い勝手を向上させる狙いがありそうです。

フレームサイズは430(XS)、465(S)、500(M)mmの3種類、重量は9.7kg(465mm)、価格は56,000円(税別)となっています。

製品情報: 2019 Giant Bicycle [CROSTAR (2020 NEW)]

関連記事: おすすめクロスバイク&街乗り自転車2019-2020年版:いい自転車と暮らそう – CyclingEX

(Gen SUGAI)