BE・ALL 2017年モデル:おとうさんの街乗りにちょうどいい実用系クロスバイク「ALIZE TR1」

アキコーポレーションが展開する、日本の街や郊外に適した自転車「BE・ALL(ビオール)」。その中でも外装変速機を搭載したシリーズ「Bonnet Noir(ボネノワール)」にラインナップされたコミューター的なクロスバイクが「ALIZE TR1(アリゼTR1)」です。継続モデルですが、紹介しておきます。

bo_alize_tr1_2

古き良きクロスバイクのスタイルとでもいいましょうか。スポーティーになりすぎず、大人の男性がジャケットスタイルで乗ってもしっくりくるスタイルです。

bo_alize_tr1_3

700×32Cのタイヤを標準装備し、フロントサスペンションも付いているので、快適性は抜群。フェンダー(泥除け)やリアキャリアも備わってて、実用性も十分です。

bo_alize_tr1_4

おとうさんがサイドバッグをリアキャリアに取り付けて買い物や自転車通勤に使ったり、小さなオフィスであればビジネスの移動にも良いのではないでしょうか。

価格:55,080円(税別)
フレーム:6061アルミ
フォーク: SR SUNTOUR サスペンションフォーク
コンポーネント:シマノ・ターニー
変速段数:3×7
前ギア:48/38/28T
後ろギア:12-32T(7S)
タイヤ:700×32C

リンク: BE・ALL / BonnetNoir | オフィシャルサイト / AKI Corporation

関連記事: [2016-2017年版]タイプ別おすすめクロスバイクはコレ! 注目モデル18台 – CyclingEX

(Gen SUGAI)




1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。