GIANT 2019年モデル:ポップなカラーリングと軽さが魅力の「CROSTAR」


GIANT(ジャイアント)の2019年モデルから、クロスバイクの「CROSTAR(クロスター)」を紹介します。実は昨秋にも一度記事にしているのですが、改めて。

GIANTのクロスバイクといえば、まず思い浮かべるのがロングセラーで軽快な走りが魅力の「ESCAPE R3(エスケープR3)」、そしてスポーツ性能を高めた「ESCAPE RX」ですよね。そこに割って入るように2017年モデルから登場したのが、このCROSTARです。

photo_ジャイアント



CROSTARの魅力は、なんといっても軽量であることです。465(S)サイズで9.9kgと、10kgを切っているのが特徴です。軽いからといって使い勝手や耐久性がおろそかにされているということは、ありません。例えば、ホイールはスポーク本数を前輪24本・後輪28本として耐久性を確保しつつ、前後ペアで1970gとクロスバイクとしては軽量なものとしています。

photo_ジャイアント

カラーリングは、ホワイトとブラックの2色ですが、どちらも差し色が入っていてポップな印象を受けます。最近のクロスバイクは地味なカラーが多いのですが、CROSTARには(とくにホワイトは)明るさがあって、よいのではないでしょうか。

スポーティで軽く、しかも普段使いにぴったりなクロスバイク。それがCROSTARです。

価格は56,000円(税別)となっています。

「ESCAPE R3やRXシリーズとどう違うのか?」と気になる方もいるかと思います。2019年モデルが発表されて間もない時に、その点について触れていますので、あわせてご覧ください。

関連記事: GIANT 2019年モデル:軽量クロスバイク「CROSTAR」はESCAPE R3やRX 3とどこが違う? – CyclingEX

関連記事: おすすめクロスバイク2018-2019年版:ワンランク上の自転車がある毎日を楽しむ – CyclingEX

リンク: Giant Bicycle

(Gen SUGAI)






MINOURA(ミノウラ) DS-532 600L ・チェーンステイ/シートステイフック式スタンド