GIANT 2019年モデル:軽量クロスバイク「CROSTAR」はESCAPE R3やRX 3とどこが違う?


2017年モデルから登場したGIANT(ジャイアント)の軽量クロスバイクが「CROSTAR(クロスター)」です。

photo_ジャイアント

重量10kgを切る軽量クロスバイク「CROSTAR」

乗車姿勢に大きく関わるジオメトリーは、大ベストセラーバイクの「ESCAPE R3(エスケープR3)」のものを踏襲しています。タイヤサイズも700×28Cと同じです。

ただしフレームのパイプ形状は、ESCAPE R3が丸いチューブなのに対して、CROSTARは角形断面でスポーティーな印象となっているのが特徴です。

photo_ジャイアント

また、ESCAPE R3のフロントフォークはクロモリ製ですが、CROSTARのフロントフォークはアルミ製でストレートな形状。CROSTARのフロントフォークのほうが、軽くてシャープなハンドリングを実現します。

こちらはESCAPE R3 photo_ジャイアント

CROSTARはR3やRX 3よりも軽いが、それぞれに個性がある

ESCAPE R3とCROSTARをさらに比較すると、やはり重量の違いが目につきます。ESCAPE R3は10.7kg(465mmサイズ)、CROSTARは9.9kg(465mmサイズ)と、同じフレームサイズで800gと、体感できるほどの差があります。

ただ、ESCAPE R3も十分軽量ですし、これくらいの重さがあったほうがしっとりしてちょうど良いと感じる人もいるでしょう。

こちらはESCAPE RX 3 photo_ジャイアント

ちなみにCROSTARの9.9kg(465mmサイズ)という重量は、上位モデルの「ESCAPE RX 3」の10.5kg(465mmサイズ)よりも軽い点も見逃せません。

ただし、ESCAPE RX 3のフレームにはCROSTARよりもグレードの高いアルミチューブが用いられており、ESCAPE RX 3のほうがよりスポーティーに気持ちよく走ることができます。

CROSTARの価格は56,000円(税別)です。

ESCAPE R3の価格は52,000円(税別)、ESCAPE RX 3の価格は67,000円(税別)ですから、予算と好みに応じて選んでください。

GIANT CROSTAR 概要

価格:56,000円(税別)
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
コンポーネント:シマノ・アセラ、M310他
変速段数:3×8
前ギア:48/38/28T
後ろギア:11-32T(8S)
タイヤ:700×28C
製品概要:https://www.giant.co.jp/giant19/bike_datail.php?p_id=00000044

リンク: Giant Bicycle

関連記事: おすすめクロスバイク2018-2019年版:ワンランク上の自転車がある毎日を楽しむ – CyclingEX

関連タグ: GIANT ジャイアント 2019年モデル – CyclingEX

(Gen SUGAI)