CYCLE MODE international 2018:DE ROSAがピニンファリーナとコラボレーションしたユーティリティーバイク「METAMORPHOSIS」


先日開催された「CYCLE MODE international 2018」のDE ROSA(デローザ)ブースに、Pininfarina(ピニンファリーナ)とコラボしたバイク「METAMORPHOSIS(メタモルフォーシス)」が展示されていました。

DE ROSAとPininfarinaのコラボといえば「SK Pininfarina」がありますが、今回のMETAMORPHOSISはそれとはまったく異なる切り口です。



DE ROSAが「スポーツユーティリティーバイク」であると説明するこのバイクは、街乗りやサイクリングなど幅広い用途を満たす機能性を、美しいデザインで実現しています。

グラベルバイクとして使えるドロップハンドルの「Sport」と、都市生活での利用を念頭に置いた「Urban」というふたつのラインナップ。今回紹介するのは「Urban」です。

デザインスケッチからそのままカタチになったような、流麗なラインです。

ベルトドライブが採用されています。ベルトドライブ対応フレームでは、ベルトを通すためにシートステーが分割できるようになっていますが、その分割部分が目立たないように処理されています(写真右)。

コンポーネントは8速のシマノ・アルフィーネ。ブレーキはデオーレの油圧式ディスクです。

オプションで、スリムなリアキャリアと本革パニアバッグが用意される予定ですが、価格は未定です。

タイヤは700×33Cのヴィットリア・テレーノDRYが装着されていました(ブースでは32Cと説明されていました)。もう少し太いものも装着できそうなクリアランスはあります。

カラーは「Grey Metal」です。

METAMORPHOSISの価格は、Sportが750,000円(税別)、Urbanが680,000(税別)となっています。

リンク: DE ROSA | デローザ オフィシャルサイト

(Gen SUGAI)