Tern 2019年モデル:F-1をイメージしたもう1台のROJI BIKES「AMP F1」

1980年代にBMXから派生した「F-1」をイメージしたバイクとしてTernの「GLEAM F1」を紹介しましたが、Ternにはもうひとつ「F1」と名のつくバイク「AMP F1」があります。

AMP F1は、GLEAM F1と同じくTernが「ROJI BIEKS」と名付けたラインから登場した1台。GLEAM F1はF-1とミニベロロードを融合したようなスタイルでしたが、こちらはよりBMXっぽい雰囲気をもっています。ちなみに奥の車体はカスタム例です。

ハンドルも、ごらんのとおり。

フレームはクロモリで、トップチューブは見事に「逆スローピング」。

ホイールサイズは20インチ(406)で、タイヤは20×1.95とかなり太めです。エアボリュームからくる乗り心地の良さは期待できそう。

[当初20インチ(451)と記しましたが、標準は406でした。訂正いたします。]

スチール製のストレートフォークを装備。

そして機械式ディスクブレーキを搭載しています。

リアディレイラーはリア8速のシマノ・アルタスです。街乗りには十分ですね。

フロントギアはシングルです。

フレームサイズは460と500の2種類が用意されます。フレームカラーは、カッパーとスチールブルーの2種類です。

価格は63,000円(税別)です。

リンク: Tern Bicycles | Japan

※本稿執筆段階では2019年モデル未掲載。

関連記事: Tern 2019年モデル:逆スローピング&フィン付きクロモリフレームのミニベロ「GLEAM F1」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)