TREK 2019年モデル:Bosch製ユニットを搭載したE-BIKEの第2弾「Dual Sport+」


トレック・ジャパンが、日本市場に導入されるTREKのE-BIKEとしては第2弾となる「Dual Sport+(デュアルスポーツプラス)」を発表しています。

photo_トレック・ジャパン

2018年1月に発売された「Verve+」と同様、Bosch製ユニットを搭載した電動アシストクロスバイクです。



photo_トレック・ジャパン

Dual Sport+にはフロントサスペンションが装備されているのが、Verve+との大きな違い。また、Verve+ではバッテリーがダウンチューブ上に取り付けられていましたが、Dual Sport+ではダウンチューブに内蔵されているのも大きなポイントです。

photo_トレック・ジャパン

Dual Sport+ではバッテリー自体もVerve+より大容量化されており、1充電あたりの航続可能距離はVerve+の約100kmから、165km(エコモードの場合)と大幅に向上しています。

Bosch製ユニットでこの大型バッテリーを採用したE-BIKEが日本市場に投入されるのは、Dual Sport+が初めてです。

2018年12月に出荷予定で、現在TREKの販売店にて予約受付中とのこと。

●TREK Dual Sport+

photo_トレック・ジャパン

価格:352,000円(税別)
サイズ:S、M、L、XL
出荷開始:12月予定
ブレーキ:シマノ・デオーレ 油圧式ディスク
タイヤ:700×38C
最長航続距離:165km

リンク: Trek Bikes – The world’s best bikes and cycling gear | Trek Bikes (JP)

(Gen SUGAI)