M5が開発した2本カーボンバトンホイール「2-Spoke」

ゼータトレーディングが「2-Spoke(ツースポーク)」ホイールの取り扱いを発表しています。

photo_ゼータトレーディング

昨日紹介した「Minimal.bike」同様、オランダのM5社が開発した製品です。ちなみにM5は、カーボンフレームのリカンベントバイクで知られます。

この「2-Spoke」、その名称のとおりの形状と言いますか、2本バトンホイールと呼べば良いのでしょうか?

photo_Mathilde Dusol

キワモノのように見えますが、2016年のパラリンピックリオデジャネイロ大会のタンデムレースでは、オランダチーム代表のホイールとして採用され、銀と銅メダルを獲得しています。

photo_ゼータトレーディング

東レ製カーボンと日本製ベアリングのハブを採用しており、重量はフロントホイールで940g(リムブレーキ用)、リアホイールで1070g(チューブラー、ロード用)と軽くはありませんが、この独特な形状が高い空力性能を実現しているとのこと。

photo_ゼータトレーディング

ディスクブレーキ仕様まで用意されます。

なお、自転車+人+荷物で120kgまで対応するそうです。

●2-Spoke フロント用

ロード用:
 クリンチャー/リムブレーキ
 クリンチャー/ディスクブレーキ
 チューブラー/リムブレーキ
トラック用:
 クリンチャー、チューブラー

価格:200,000円(税別)

●2-Spoke リア用

ロード用:
 クリンチャー/リムブレーキ
 クリンチャー/ディスクブレーキ
 チューブラー/リムブレーキ
 標準はシマノ対応、オプションでカンパニョーロ対応
トラック用:、クリンチャー、チューブラー

価格:210,000円(税別)

リンク: 2-Spoke(ツースポーク) ゼータトレーディング

関連記事: ゼータトレーディングがオランダ生まれのカーボンミニベロ「Minimal.bike」の取り扱いを開始 – CyclingEX

(Gen SUGAI)





投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。