ゼータトレーディングがオランダ生まれのカーボンミニベロ「Minimal.bike」の取り扱いを開始

ゼータトレーディングが、オランダ生まれのミニベロ「Minimal.bike(ミニマルバイク)」の取り扱いを発表しています。

photo_ゼータトレーディング

Minimal.bikeは、超軽量バイクパーツデザインを専門とするオランダのM5社が開発したシティバイクです。ダウンチューブやチェーンステイがないユニークなデザインで、東レ製の素材を利用したフルカーボンモノコックフレームとなっています。



photo_ゼータトレーディング

ホイールサイズは20インチ(ETRTO406またはETRTO451)で、タイヤ幅は26mmから48mmまで対応可能。また、フレームはシングルスピードと多段仕様を選ぶことができます。

photo_ゼータトレーディング

シングルスピードの場合のみ、ウイング形状のカーボンハンドルバーを選択可能です。

詳しくは、ゼータトレーディングのWebサイトでどうぞ。

photo_ゼータトレーディング

●Minimal.bike
シングルスピード仕様完成車:480,000円(税別)
9速仕様完成車:510,000円(税別)
10速仕様完成車:530,000円(税別)
フレームセット:320,000円(税別)

情報源: Minimal Bike(ミニマルバイク) ゼータトレーディング

(Gen SUGAI)





投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。