無料のアプリ「TOPEAK PanoBike+」でサイクリングを記録する

みなさんはサイクルコンピューターをお使いでしょうか。ロードバイクに乗られている方の多くは、お使いのことでしょう。最近は安価なGPS搭載モデルも増えてきましたね。

私も当然サイクルコンピューターは持っていて、ロードバイクにもMTBにも装着しているのですが、実は今いちばん乗っているグラベルロードバイク(GT GRADE ALLOY)には、サイクルコンピューターを付けていません。

birzman(バーズマン)のステム&ハンドルバーバッグ「ZYKLOP NAVIGATOR Ⅱ」とiPhone 8で、済ませてしまっています。GT GRADE ALLOYは基本的にはポタリング用で、これで遠くに行くということはなく、20〜40kmくらいのコースを1周してくる程度。その際にメーターとして使用したり、GPSログを残すという程度であれば、この組み合わせでOKです。

使用しているアプリはこちら。

TOPEAKの「PanoBike+」です。無料のアプリですが機能は十分で、「Strava」へのエクスポートも可能です。

ちょっとしたポタリングでも、走行ログが見られるとなんだか楽しいと思ってしまうのはなぜでしょうね。

だいたい、3〜4パターンのコースの中のどれかを走って、同じように写真を撮り、同じようなログが残るんですけど……。

それはともかく、2〜4時間程度であればiPhoneのバッテリーもそんなに減りませんし、ZYKLOP NAVIGATOR Ⅱにモバイルバッテリーとケーブルを入れておくことだってできます。

難点は、真夏の強烈な日差しのもとではiPhone本体が熱くなってしまうことですが、そんなときはiPhoneをジャージのポケットに入れてしまいます。

クロスバイクのときは、ZYKLOP NAVIGATOR Ⅱすら使わず、iPhoneは最初からポケットやバッグの中です。どうせ、走行中にiPhoneを触ることはありませんし。

何でもスマートフォンで代替できる……とは言いませんが、Bluetoothでケイデンスセンサーや心拍センサーも使用できますし、お手軽に記録を残すなら十分であることは間違いありません。


PanoBike+については、CyclingEXが参加し毎週金曜に更新しているブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」でも紹介しています。

リンク: サイクリングの記録をスマートフォンで残そう — BRI-CHAN

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)