MERIDA 2019年モデル:個性的なジオメトリーのマルチパーパス「SILEX」シリーズ


2018年モデルから登場した、MERIDA(メリダ)の「SILEX(サイレックス)」シリーズは、マルチパーパスを謳うロードバイクです。その2019年モデルをチェックしてみましょう。

シクロクロスでもRIDEシリーズでもない、グラベルロード的なオールラウンダー

MERIDAのSILEXシリーズを形容する言葉は、いくつかあります。メーカーのWebサイトではロードバイクにカテゴライズされていますが、カタログの文章を読み進めると、マルチパーパスバイクともツーリングバイクとも書いてあるのです。それらをまとめてわかりやすく言うと、多目的に使うことができ、多様なシーンに適合できる——それがSILEXシリーズです。

photo_ミヤタサイクル

メリダには「RIDE(ライド)」というエンデュランス系のロードバイクがありましたが、2019年モデルではエントリーモデルのみとラインナップが整理されました。近年「SCULTURA(スクルトゥーラ)」がレーサーからオールラウンダーへと進化しており、当初RIDEが担っていた役割をある程度はカバーできるようになっています。

また、オフロードを走ることができるドロップハンドルの自転車としては、シクロクロス車の「CYCLOCROSS」というそのものズバリなシリーズがありました。このCYCLOCROSSは「レーシング」を謳いつつも多用途であることをセールスポイントにしていましたが、2019年モデルではシクロクロスに特化した「MISSON CX(ミッションCX)」にモデルチェンジしています。



そして、RIDEが持っていたエンデュランスロードバイクとしての快適性と、CYCLOCROSSが持っていた多用途性を受け継いでいるのが、SILEXであると言えるでしょう。SILEXがあるからこそ、メリダのロードバイクはエアロロードのREACTO(リアクト)とオールランダーのSCULTURAという2つのシリーズに収れんし、シクロクロスバイクは、より競技にフォーカスしたMISSON CXに生まれ変わった、と。

photo_ミヤタサイクル

そんなSILEXのルックスを見ると、高いハンドル位置、太いタイヤ、豊富なボトルケージ台座などが目につき「要はグラベルロードだろ」と思うことでしょう。それも間違いではありません。

しかしSILEXは、MTBからインスパイアされたというジオメトリーが、とても個性的です。パッとみただけでは気づきにくいですが、実はトップチューブがロードバイクの常識からするとびっくりするくらい、長い。同時にヘッドチューブもグンと長くして、そこに80mmの短いステムを組み合わせているのです。BBドロップも大きく、低重心化が図られています。

トップチューブがびっくりするくらい長くても、ハンドル位置は高く、ステムも短いので、ちゃんと「楽に乗れる」ポジションになります。そしてフレーム自体が前後に長くて重心も下がっているので、安定感がバツグンによくなるというわけです。

太いタイヤとディスクブレーキで可能性が広がる

この手のバイクの例に漏れず、SILEXは全モデルで太いタイヤとディスクブレーキを装備しています。

photo_ミヤタサイクル

タイヤは専用に開発されたマキシス・Razzo 700×35Cを標準装備し、最大で44mm幅のタイヤを装着可能。そして650B(27.5インチ)ホイールも装着可能で、その場合は2.2インチ幅まで対応します。

太いタイヤが履けるということは、それだけタイヤの選択肢が広がります。32Cにしてもいいし、40Cにしてもいいのです。

そして、ディスクブレーキ。ツーリングバイクとして使用することを考えると、雨の影響を受けにくいディスクブレーキの採用は当然と言えるでしょう。ロングライドでの疲労蓄積を考えると、ぜひ油圧ディスクブレーキを搭載したものを選びたいところです。

さて、SILEXシリーズには4つのグレードがありますので、それぞれ紹介します。



フロントシングルの最上位モデル「SILEX 9000」

フロントシングルのSRAM・Force 1を搭載した、カーボンフレームの最上位グレードです。あまり軽そうには見えないのですが、フロントシングルということもあって50cmサイズで8.0kgと、重たくもありません。と言いますか「REACTO DISC 4000」や「SCULTURA DISC 4000」より軽いんです。

photo_ミヤタサイクル

フレーム:SILEX CF2 カーボン
フォーク:SILEX CF2 カーボン
メインコンポーネント:SRAM・Force 1
クランクセット:SRAM・Force 1、44T
スプロケット:SRAM・XG1150 10-42T、11S
ブレーキセット:SRAM・Force 1 ディスク(油圧式)
タイヤ:マキシス・Razzo 700×35C
サイズ:44cm(XS)、47cm(S)、50cm(M)、53cm(L)、56cm(XL)
重量:8.0kg(50cmサイズ)
価格:479,000円(税別)
製品情報 http://merida.jp/lineup/road_bike/silex_9000.html

アルテグラを搭載するセカンドグレード「SILEX 7000」

SILEXのセカンドグレードは、シマノ・アルテグラ搭載を搭載。クランクセットやブレーキもすべてシマノで統一しているのは、SILEXシリーズの中ではこの7000だけです。こちらの重量は、「REACTO DISC 4000」や「SCULTURA DISC 4000」と同等です。

photo_ミヤタサイクル

フレーム:SILEX CF2 カーボン
フォーク:SILEX CF2 カーボン
メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ
クランクセット:シマノ・アルテグラ、50/34T
スプロケット:シマノ・CS-HG800 11-34T、11S
ブレーキセット:シマノ・アルテグラ(油圧式)
タイヤ:マキシス・Razzo 700×35C
サイズ:44cm(XS)、47cm(S)、50cm(M)、53cm(L)、56cm(XL)
重量:8.7kg(50cmサイズ)
価格:359,000円(税別)
製品情報 http://merida.jp/lineup/road_bike/silex_7000.html

油圧ディスク採用のアルミモデル「SILEX 400」

SILEXのアルミフレームモデルで、コンポーネントはシマノ・105を搭載。シフトターやブレーキは、同じくシマノのRS505を採用しています。

photo_ミヤタサイクル

フレーム:SILEX lite アルミ
フォーク:SILEX CF2 カーボン
メインコンポーネント:シマノ・105
クランクセット:FSA・Gossamer Pro、48/32T
スプロケット:シマノ・CS-HG700 11-34T、11S
ブレーキセット:シマノ・RS505(油圧式)
タイヤ:マキシス・Razzo 700×35C
サイズ:44cm(XS)、47cm(S)、50cm(M)、53cm(L)、56cm(XL)
重量:10.2kg(50cmサイズ)
価格:209,000円(税別)
製品情報 http://merida.jp/lineup/road_bike/silex_400.html

手頃な価格のエントリーグレード「SILEX 200」

アルミフレームのエントリーモデルで、税別13万円台という手頃な価格が魅力ですが、SILEXシリーズの中ではこの200だけが、機械式ディスクブレーキを搭載しています。

photo_ミヤタサイクル

フレーム:SILEX lite アルミ
フォーク:SILEX CF2 カーボン
メインコンポーネント:シマノ・ソラ
クランクセット:FSA・Omega、48/32T
スプロケット:シマノ・CS-HG200 11-32T、9S
ブレーキセット:Promax・Decode R(機械式)
タイヤ:マキシス・Razzo 700×35C
サイズ:44cm(XS)、47cm(S)、50cm(M)、53cm(L)、56cm(XL)
重量:10.4kg(50cmサイズ)
価格:139,900円(税別)
製品情報 http://merida.jp/lineup/road_bike/silex_200.html

メインバイクならカーボンにしたいが使い倒すなら400がいい

カーボンフレームが2グレード、アルミフレームが2グレードという展開のSILEXシリーズ。

もし私が購入するなら、ファーストバイクとしてならカーボンフレームの9000か7000ですね。フロントシングルかダブルかは、かなり悩むと思いますが、でもどうせ買うなら最上位グレードの9000でしょうか。

しかし、セカンドバイクとして、様々な目的で気軽に使用し、とことん使い込むのであれば、アルミの「400」がいいなと思っています。心の中のファーストバイクは別にあるけど、結果としていちばん乗っている——そんなバイクになりそうな予感がします。

リンク: メリダ

(Gen SUGAI)