GIANT 2019年モデル:初心者に優しいロードバイクエントリーモデル「CONTEND」


GIANT(ジャイアント)が、エントリーグレードのロードバイク「CONTEND(コンテンド)」シリーズの2019年モデルを発表しています。

photo_ジャイアント

エントリーグレードのロードバイクに求められる性能——扱いやすさ、無理のない乗車姿勢、走りの軽さ、そしてお求めやすさ——を、手際よくまとめたのが、CONTENDシリーズです。

採用されているパーツのグレードにより「CONTEND 1」と「CONTEND 2」というふたつのモデルがありますが、どちらも共通して、ロードバイクが初めての人でもとっつきやすい、前傾のゆるいポジションで乗ることができます。

加速の良さと乗り心地の良さを両立させたアルミフレームをもち、価格から考えれば十分に軽量なロードバイクとなっているほか、ワイドなギアを備えているので初めてロングライドやヒルクライムにチャレンジするにもぴったりの1台です。

標準装備されるタイヤは2018年モデルと同じ700×25Cというサイズですが、2019年モデルではフレームに変更が加わり、もうひとまわり太い700×28Cタイヤを装着することができるようになりました。

以下、各モデルの概要です。

●CONTEND 1

メインコンポーネントに、リア9速のシマノ・ソラを搭載した仕様です。リアのスプロケットは11-34Tとワイド。そして、535(ML)mmと大きめなフレームサイズが用意されています。

photo_ジャイアント
photo_ジャイアント

価格:98,000円(税別)
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm
重量:9.4kg(465mm)
カラー:ブルー、マットチャコール

●CONTEND 2

リア8速のシマノ・クラリスを搭載した仕様です。初心者に優しい「サブブレーキレバーが装着されているのがポイント。こちらも、535(ML)mmと大きめなフレームサイズが用意されています。

価格:84,000円(税別)
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm
重量:9.9kg(465mm)
カラー:ブラック、レッド、シルバー

photo_ジャイアント

税別10万円を切る価格のCONTEND 1/2ならば、サイクリングで使用する必要にして十分なアクセサリーやグッズ類をいっしょに揃えてもギリギリ15万円に収まります。とくに同社のブランドストア「ジャイアントストア」であれば、それらのアクセサリーやグッズ類も、一定のレベルをクリアしたものがほとんどすべて揃います。CONTEND 1/2を、そしてGIANTを選ぶ大きな理由となるでしょう。

各モデルの詳細はGIANTのWebサイトでどうぞ。

リンク: ジャイアント

(Gen SUGAI)