JAMIS 2019年モデル:アドベンチャーロドバイク「RENEGADE」のスチールフレームモデルを紹介


一昨日、昨日とJAMIS(ジェイミス)のアドベンチャーロードバイク「RANAGADE(レネゲード)」シリーズのカーボンモデル、アルミモデルを紹介しましたが、今回はいよいよスチールモデルの紹介です。

カーボンモデルやアルミモデルの記事へは下記からどうぞ。

タグアーカイブ: JAMIS ジェイミス 2019年モデル – CyclingEX

フレーム素材が変わっても、RENEGADEのコンセプトはもちろん同一。オフロードを含むツーリングをこなせるポテンシャルを持ちつつ、通勤やポタリングでもその性能を楽しむことができます。

RENEGADE ESCAPADE(参考掲載商品)

photo_ジャイミスジャパン

「参考掲載商品」という断り書きがありつつも、2019年モデルで新たに、最上位モデルの「RENEGADE ESCAPADE(エスカペード)」が登場しました。チューブはレイノルズ・631を使用しています。

メインコンポーネントは、SRAM・Force 1。38Tのクランクに11-42Tのスプロケットという組み合わせです。

サイズは44、48、51、54、56、58、61cmが用意されており、44と48は650Bホイールが標準です。

価格は完成車が370,000円(税別)、フレームキットが150,000円(税別)となっています。

参考掲載商品ということですので、気になる方は販売店に問い合わせを!

RENEGADE EXPLOIT(限定商品)

スチールモデルのふたつめは、やはりレイノルズ・631チューブを使用した「RENEGADE EXPLOIT(エクスプロイト)」です。

SRAM仕様 photo_ジャイミスジャパン

2019年モデルでは、SRAM・Apex 1仕様が登場しています。

シマノ仕様 photo_ジャイミスジャパン

そして、シマノ・105仕様もラインナップ。SRAMとシマノから選べるようになりました。

サイズ展開と価格は下記のとおりです。

RENEGADE EXPLOIT/SRAM Apex 1仕様
サイズ:48(650B)、51、54cm
価格:260,000円(税別)

RENEGADE EXPLOIT/シマノ・105仕様
サイズ:44(650B)、48(650B)、51、54、58cm
価格:260,000円(税別)

限定モデルなので、お早めに。

RENEGADE EXPAT

photo_ジャイミスジャパン

スチールフレームを採用するRENEGADEシリーズの、ベーシックモデルとなる「RENEGADE EXPAT(エクスペット)」。

チューブがレイノルズ・520となるのが上位モデルとの大きな違いです。

スルーアクスル仕様で、サイドにアクセサリー台座が備わったカーボンフォークを装備しています。

メインコンポーネントはシマノ・ティアグラで、ブレーキは機械式ディスクのTRP・Spyreを搭載。

photo_ジャイミスジャパン

フレームサイズは44(650B)、48(650B)、51、54、56、58、61cmという展開で、小さいサイズから大きいサイズまで揃っているのは良いですね。44と48は650Bホイールが標準。また、650Bも700Cもホイール&タイヤはチューブレスレディなので、後からチューブレス化が可能です。

この内容で価格が148,000円(税別)というのも、相変わらず魅力ですね。


各モデルの詳細は、JAMISのWebサイトでどうぞ。

リンク: ジェイミスジャパン

タグアーカイブ: JAMIS ジェイミス 2019年モデル – CyclingEX

[2018/9/25 追記:一部画像を差し替えました]

(Gen SUGAI)