GIANT 2019年モデル:ESCAPE RXシリーズに油圧ディスクブレーキ仕様の「ESCAPE RX DISC」が登場


GIANT(ジャイアント)の「ESCAPE RX」シリーズは、定番モデル「ESCAPE R3」よりもスポーツ性能を高めたクロスバイク。その2019年モデルに、ディスクブレーキを搭載した「ESCAPE RX DISC」が追加されています。

photo_ジャイアント



ディスクブレーキを採用するにあたり、ESCAPE RXシリーズの特徴であるALUXX SLグレードの軽量アルミフレームや振動吸収性に優れるD-FUSEシートピラーなどはそのままに、リアのエンド幅を135mmに変更し専用カーボンフォークを搭載しています。

photo_ジャイアント

メインコンポーネントはシマノ・アルタスで、ブレーキも同じくシマノの油圧式ディスクブレーキ「MT200」を搭載。また、ホイールの固定にはクイックリリースではなく、スキュアーナットを使用しています。初めてのスポーツサイクルとして選ばれることが多いESCAPE RXシリーズなので、安全性を考慮してのことでしょう。

photo_ジャイアント

タイヤサイズは、VブレーキのESCAPE RXシリーズと同じく、700×28Cのものが使われています。

サイズは430(XS)、465(S)、500(M)mmの3種類、重量は11.2kg(500mm)、価格は78,000円(税別)です。

関連記事: スポーツ性能が高く質感にも優れるGIANT ESCAPE RXシリーズ2019年モデル – CyclingEX

製品情報: 2019 Giant Bicycle [ESCAPE RX DISC]

リンク: 2019 Giant Bicycle

(Gen SUGAI)