Cannondaleが2019年モデルの「Slate Force 1」を先行発売


Cannondal(キャノンデール)が、650BホイールとLeftyフォーク、そしてドロップハンドルが特徴の「Slate」シリーズ2019年モデルとして、SRAM Force 1仕様の完成車を先行発売しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

Cannondaleが「NEW ROAD」と称する新しいカテゴリーのバイクとして、2015年に(2016年モデルとして)発表されたのが、「Slate」シリーズです。



650Bホイールに42Cと太いタイヤをを履かせて、ホイール全体の外形は700×23Cと同等とすることで、オフロードの走破性とオンロードの巡行性能を両立。そしてCannondaleならではのLefty Oliverフォーク(30mmトラベル、ロックアウト付き)を搭載し、グラベルを思い切り楽しめるパッケージになっています。

2019年モデルとして先行発売されたのは、メインコンポーネントにSRAM Force 1を採用した仕様。フロントは44Tのシングルで、リアは11-42Tの11スピードという構成です。

サイズはS、M、L、XLの4種類で、価格は390,000円(税別)となっています。

リンク: 2019年モデル先行販売開始 | Cannondale Bicycles

(Gen SUGAI)