Cannondale ロードバイク2019モデル:フルカーボンフォークになった「CAAD Optimo Sora」


キャノンデール・ジャパンが、アルミロードバイク「CAAD Optimo Sora」の2019年モデルを発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

上位モデルのアルミロードバイク「CAAD12」のジオメトリーを継承しながら、エントリーモデルとしてお求め安い価格を実現している「CAAD Optimo」の、シマノ・ソラ完成車です。

そのジオメトリーはエントリーモデルのロードバイクとしては珍しくヘッドチューブが比較的短めのもので、スポーツ志向が強いのが特徴です。

photo_キャノンデール・ジャパン

2018年モデルからの主な変更点として、カラーのほか、フロントフォークが従来のアルミコラムからフルカーボンになったことが挙げられます。

photo_キャノンデール・ジャパン

カラーは、Jet Black(BBQ)、Cashmere(CAS)、Hot Yellow(HYL)の3種類。フレームサイズは、44、48、51、54、56、58と豊富に用意されています。

価格は105,000円(税別)です。

リンク: キャノンデール | Cannondale Bicycles

情報源: 2019年モデル先行販売開始 | Cannondale Bicycles

関連記事: 新色はDeep Purple:Cannondaleのアルミロードバイク「CAAD12 105」2019年モデル – CyclingEX

(Gen SUGAI)