RITEWAYが2019年モデルのSHEPHERD CITY/SHEPHERD 24SL/GLACIERを発表


ライトウェイプロダクツジャパンが、同社オリジナルブランド「RITEWAY」の2019年モデルとして「SHEPHERD CITY(シェファード シティ)」「SHEPHERD 24SL(シェファード24スローピング)」「GLACIER(グレイシア)」の3モデルを発表しています。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

●SHEPHERD CITY

「SHEPHERD CITY」は数年にわたりラインナップされ、2018年モデルで登場した「SHEPHERD」と人気を二分するRITEWAYの定番クロスバイク。2019年モデルでモデルチェンジを受け、細部の質感や使い勝手を向上させています。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

特徴は下記の通りです。

・約30分程度、10kmぐらいまでのライディングを想定した設計
・アルミ製スローピングフレームに、フロント3段・リア8段変速を採用
・新規独自開発の「アーバンフルグリップタイヤ」を装備
・フレームサイズで異なる2タイプのアルミ製ペダルを採用し、安定した乗車を実現
・フレームサイズに合わせて3種類のハンドル幅を設定

カラー:グロスホワイト、グロスネイビー、グロスチタンシルバー、グロスダークオリーブ、グロスブラック
価格:57,800円(税別)

製品情報(本稿執筆段階では2018年モデルを掲載中): シェファード シティ クロスバイク | ライトウェイバイクブランドサイト

●SHEPHERD 24SL

2018年モデルで登場した「SHEPHERD」は、フレームサイズに応じてホイールサイズも700C/26インチ/24インチの3種類が用意されていましたが、さらに、24インチホイールとスローピングフレームを採用し、適応身長を130〜145cmとしたのが、この「SHEPHERD 24SL」です。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン
photo_ライトウェイプロダクツジャパン

主な特徴は下記の通りです。

・シェファード24インチモデルをスローピングフレーム化
・主要部品にはシェファードと同じものを使用した高品質ジュニアバイク
・ジュニア向けのクランク長とハンドル幅を採用

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

カラー:マットネイビー、マットホワイト、マットグレイ、マットレッド、マットダークオリーブ、マットブラック
価格;55,800円(税別)

製品情報: SHEPHERD 24SL | ライトウェイバイクブランドサイト

●GLACIER

GLACIERは、20インチながら太くて迫力のあるタイヤやディスクブレーキを採用した、個性的なミニベロです。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

従来モデルは独特な形状のフロントサスペンションを搭載していましたが、2019年モデルのGLACIERは専用開発されたアルミフォークとなり、軽さを手に入れています。

主な特徴は下記の通りです。

・乗り心地が良く、迫力のあるワイドな1.95タイヤ
・シマノ製センターロックブレーキローター
・スピードにのった走行が可能なフロント48Tギア搭載
・軽量でハンドリングに優れるアルミ製のリジッドフォーク

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

カラー:マットグレイ、マットネイビー、マットダークオリーブ、マットブラック
価格:59,800円(税別)

製品情報: グレイシア クロスバイク | ライトウェイバイクブランドサイト

先述の通り本稿執筆段階ではSHEPHERD CITYの2019年モデルはWebサイトに掲載されていません。その他の2モデルもブランドサイトのトップからはまだリンクが貼られていませんので、詳細は上記リンク先からどうぞ。

リンク: ライトウェイバイクブランドサイト

(Gen SUGAI)