ブランド縛りで勝手にコーディネート例:SPECIALIZED ALLEZ SPRINT編


自転車メーカー・ブランドの規模が大きくなればなるほど、アパレルやアクセサリー類も展開するようになります。では、ひとつのブランド縛りでどこまで揃えることができるでしょうか。カラーコーディネートまでできるでしょうか。まずはSPECIALIZED(スペシャライズド)編。

●バイク:ALLEZ SPRINT DSW SL COMP

まずはバイクから。SPECIALIZEDの現行ラインナップで、今でも比較的メーカー在庫が残っており、個人的に気になっているバイクを選び、それをコーディネートの起点としてみたいと思います。2019年モデルの足音が聞こえて来る季節なので少し選択肢は限られますが……。

photo_スペシャライズド・ジャパン

アレスプの略称でおなじみ、アルミフレームのエアロロード「ALLEZ SPRINT DSW SL COMP」(税込178,200円)です。カラー名はたいへん長くて「グロスティールティントオーバーポリッシュド/ターマックブラック/クリーン」なのですが、ブルー基調のきれいなフレームです。シルバーも在庫があるのですが、それだど無難なので、こちらで。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g90018-5249/

●ジャージ:RBX COMP JERSEY SHORT SLEEVES

続いて、トップスのサイクルジャージを決めましょう。

photo_スペシャライズド・ジャパン

このジャージ「RBX COMP JERSEY SHORT SLEEVES」(税込12,960円)は同社の中ではお手頃価格で、ALLEZ SPRINTとの一体感が出せそうなカラー「ジオダストブルー」がありました。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g64118-4112/

●ビブショーツ:RBX COMP BIB SHORT

photo_スペシャライズド・ジャパン

ビブショーツの「RBX COMP BIB SHORT」(税込16,200円)は、ブラックの一択。どんなジャージにも合いますし、機能は申し分なし。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g642E-1552/

●ソックス:ROAD TALL SOCK

意外と、ソックスのカラーが難しいのでした。

photo_スペシャライズド・ジャパン

「ROAD TALL SOCK(税込2,376円)」です。こちらのカラー名称は「ダストブルー」なので、そういう意味では合っているというか、ジャージのジオダストブルーと関連づけているのかもしれません。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g64718-0082/

●ヘルメット:S-WORKS EVADE

フレームがエアロなので、ヘルメットもエアロがよいだろうということで、こちら。

photo_スペシャライズド・ジャパン

従来型の「S-WORKS EVADE」(直販アウトレット・税込価格23,328円)。頭と手足は明るめにしたいと考え、カラーは「ホワイト」に。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g60714-7722/

●グローブ:BODY GEOMETRY GEL GLOVE

個人的には今、真っ黒いグローブを使用しているのですが、夜間にハンドサインが視認されにくいのではないか……と思うこともあります。

photo_スペシャライズド・ジャパン

というわけで、「BODY GEOMETRY GEL GLOVE」(税込4,860円)の「レモン」です。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g67015-1222/

●シューズ:TORCH 3.0

ここまで、結局無難なものを選んでいるようにも思いますが、シューズは派手めに。

photo_スペシャライズド・ジャパン

「TORCH 3.0」(税込25,920円)の「レモン」です。グローブとシューズをレモンで揃えてみました。

製品情報 http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g61018-2240/

●アイウェア:なし

最後にアイウェアの色がシューズと揃うといいかも……などと考えたのですが、SPECIALIZEDはアイウェアまではやっていなかったのでした。

ひとまず、以上となります。最後にサムネールを並べてみましょう。

散々考えたわりには冒険していないあたり、自分らしいなとは思いました。

この企画、続くかもしれませんし、続かないかもしれません。

(Gen SUGAI)