Bianchi 2018年モデル:トライアスロンでの使用も考慮した「ARIA」


本日紹介するBianchi(ビアンキ)の2018年モデルは、カーボンフレームのエアロロード「ARIA」。前回の「OLTRE XR3」もエアロロードでしたが、今回のARIAは少し立ち位置が異なります。

photo_サイクルヨーロッパジャパン

ひとつは、OLTRE XR3よりも少し、安い価格設定であること。振動除去テクノロジーのCountervail(カウンターヴェイル)も、このARIAでは採用されていません。

ふたつめはは、サドルを前方に出してクリップオンバーを装着し、トライアスロンバイクとして使うことも考慮されていること。

そしてもうひとつ付け加えるなら、直線基調のデザインで、OLTRE XR3とは違ったかっこよさがあることでしょう。

シマノ・アルテグラ仕様とシマノ・105仕様、そして105仕様でTTハンドルとクリンプオンバーを標準装備した仕様、合計3種類の完成車が用意されています。

●ARIA SHIMANO ULTEGRA

※デザイン見本のため一部パーツは異なる

photo_サイクルヨーロッパジャパン
photo_サイクルヨーロッパジャパン

サイズ:44、47、50、53、55、57
価格:348,000円(税別)

リンク: Bianchi | ROAD | ARIA

●ARIA SHIMANO 105

※デザイン見本のため一部パーツは異なる

photo_サイクルヨーロッパジャパン
photo_サイクルヨーロッパジャパン
photo_サイクルヨーロッパジャパン

サイズ:44、47、50、53、55、57
価格:278,000円(税別)

リンク: Bianchi | ROAD | ARIA

●ARIA SHIMANO 105 TRIATHLON MIX

photo_サイクルヨーロッパジャパン

サイズ:44、47、50、53、55、57
価格:278,000円(税別)

リンク: Bianchi | ROAD | ARIA

リンク: Bianchi

(Gen SUGAI)