ヤマハの電動アシストロードバイク「YPJ-R」に2018年モデルが登場

ヤマハ発動機は、同社の電動アシストロードバイク「YPJ-R」の2018年モデルを発表しています。

photo_ヤマハ発動機

電動アシスト自転車としてはかなり軽量(Mサイズ15.4kg、 XSサイズ15.2kg)な車体と自然なアシストフィール、シマノ・105搭載といったスペックには変更がなく、カラーチェンジとなっています。

サイズはXSとMの2種類で、価格は248,000円(税込)。2017年11月9日発売予定で、年間800台の販売を見込んでいるとのことです。

リンク: YPJ – YPJ,YAMAHA | ヤマハ発動機株式会社

関連記事: ターゲットはこれから始める人。ヤマハの新電動アシストスポーツ自転車「YPJ−R」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。