BRIDGESTONE ANCHOR 2018年モデル:RL6のコンセプトと設計を受け継いだ「RL3」シリーズ

ブリヂストンサイクルが、BIRDGESTON ANCHOR 2018年モデルの一部を先行発表しています。エントリーグレードの「RL3」シリーズは、シミュレーション技術「PROFORMAT」を用いた上位モデルRL6と同じコンセプトを、リーズナブルな価格で実現しています。

●RL3 DROP EX

RL3のドロップハンドルモデル。メインコンポーネントはシマノ・ソラで、補助ブレーキレバーも採用する安心設計。

価格は105,000円(税別)です。

●RL3 FLAT EX

ロードバイクの走りを手軽に体験できる、フラットハンドルモデル。メインコンポーネントはシマノ・ソラを搭載します。

価格は93,000円(税別)です。

なお、2018年モデルよりブランド名の表記が「BRIDGESTONE ANCHOR ANCHOR」となっています。

情報源: ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

関連記事: 2017-2018年版ビギナーにおすすめのロードバイク:これから始める人のためのガイダンス&バイヤーズガイド – CyclingEX

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。