RALEIGH 2018年モデル:シクロクロスからグラベルツーリングまで幅広い遊び方に合う「CRC」


RALEIGH(ラレー)の2018年モデルから、Carlton-Cこと「CRC」を紹介します。

グラベルロード、アドベンチャーロード、そしてシクロクロス。似たような見た目でも呼び方や想定しているシーンが違うバイクが多い昨今ですが、このCRCはシクロクロスバイクを基本としつつ、特化しすぎることなく幅広く使えるようにしたクロモリバイクです。

フレームのチューブは、レイノルズ・631。ダウンチューブ下側にボトルケージ台座が見えます。

下側1.5インチのテーパーヘッドを採用しています。

フロントフォークはフルカーボンです。

メインコンポーネントは、シマノ・ティアグラ。

クランクセット、チェーンリングはシマノ・FC-CX50(46/36T)です。

スプロケットは12-28Tを標準装備。

フラットマウントの油圧式ディスクブレーキと、E-Thruを採用します。

タイヤは700×35Cを標準装備していますが、クリアランスは50Cまで対応とのこと。

フレームサイズは460、500、540mm、重量は11.5kg、価格は240,000円(税別)です。

リンク: ARAYA RALEIGH

(Gen SUGAI)