JAMIS 2017年モデル:毎日、そして長く付き合えるクロモリロード「QUEST」シリーズ


JAMIS(ジェイミス)の定番モデルのひとつ、クロモリロードの「QUEST(クエスト)」シリーズは、その優しい乗り味とアップライトなポジション、太めのタイヤやワイドなギア比による走りの幅の広さなどが魅力です。

_dsc4015

こちらはQUESTシリーズの中核モデルとなる「QUEST COMP」。

_dsc4018

フレームカラーはブルーで、明るいグリーンのJAMISロゴも似合っています。

_dsc4028

チューブは、レイノルズ・520。

_dsc4031

長いヘッドチューブと、スローピングデザインが特徴です。

_dsc4021

COMPはカーボンフォークを装備。タイヤは700×25Cが標準で、28Cまで入ります。

_dsc4024

メインコンポーネントはシマノ・ソラで、FSAのトリプルクランクが組み合わされています。最近では、フロントトリプルのロードバイクは少し珍しい存在です。

_dsc4036

フレームサイズは48、51、54の3種類で、どのサイズでも同じ乗り味になるように設計されています。48サイズ以外は、シートステーにキャリアダボが備わります。QUEST COMPの価格は、110,000円(税別)です。

次に、エントリーモデルの「QUEST SPORT」。

_dsc4042

左の赤いバイクは女性向け仕様(Femme)で、専用カラーの「Cadenza Rose」に塗られ、いちばん小さいサイズのクランクが165mmとなりますが、とくに女性向けを意識させるようなロゴやグラフィックがあるわけではなく、実質的に「性別関係なくお好みでどうぞ」という状態です。

_dsc4053

フレームは4130クロモリで、メインコンポーネントはシマノ・クラリス。こちらのクランクはダブルのコンパクトです(日本仕様)。タイヤはCOMP同様に700×25Cが標準で、28Cまで入ります。

サイズは48、51、54、56(Femmeは無し)で、48サイズ以外は、シートステーにキャリアダボが備わります。価格は85,000円(税別)。初めてのロードバイクとしてポタリングやツーリング志向の人にぴったりですし、セカンドバイクにも良さそうです。毎日の自転車通勤でもいけますね。

そして2017年モデルでは、レイノルズ・631チューブを使用した上位モデル「QUEST ELITE」が、いわゆる受注発注モデルではありますが、カタログに復活。

17_questelite

(製品画像は本国サイトより)

シマノ・105完成車で、価格は190,000円(税別)。サイズは48、51、54、56、58、61の6種類です。

リンク: Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes

情報源: Jamis Bicycles – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes, Recreations Bikes, Kids Bikes

(Gen SUGAI)