ARAYA 2017年モデル:気張らずに自転車散歩を楽しめる「SWALLOW Promenade」

マイペースで気張ることなく、しかし軽やかに自転車散歩を楽しみたい——そんな人に向けて、「日本のスポーツ車」を探求するARAYA(アラヤ、新家工業)が2017年モデルで登場させたのが「PRM SWALLOW Promenade(スワロー プロムナード)」です。

フレームタイプは2種類を用意。

_dsc3869

こちらはダイヤモンド型フレームの<Gents>。バスケットはカスタム例です。

_dsc3820

そしてこちらは、小さめのサイズのみ用意される<Mixte>です。どちらも、フレーム、フォークともにクロモリです。

_dsc3819

展示会の会場でまず視界に飛び込んできたのは、Mixteのほう。

_dsc3855

アラヤが取り扱っている「RALEIGH」のジャパンモデルにもミキストがあるのですが、それとはちゃんと作り分けがなされています。700Cのミキスト、かっこいいですね。

_dsc3833

モデル名の由来になっている、プロムナードバー。大きくて前に曲げられているので、手首の角度が自然なものになります。

_dsc3878

そしてクラシカルで長めのステムが、シュッとしています。

_dsc3867

眺めていても楽しいです。

_dsc3860

フロントギアはシングル。ギアガードとチェーンケースを標準装備。サンプルではチェーンケースの長さが足りていませんが、もちろん製品ではちゃんとしたものが付きます。また、2本足のスタンドが付いているのもわかるでしょうか。このスタンドも標準装備です。

_dsc3864

リア8段変速(シマノ・アルタス)で、ハンドルに備わったマイクロシフトのサムシフターで変速操作を行います。

_dsc3840

メッキ仕上げの砲弾ライト。

_dsc3846

ライトの電源はハブダイナモから。

_dsc3843

ダイナモコードは、フォークブレードに内蔵されます。

そして、アラヤが昔から使用していた「スワロー」を名乗るバイクとして、

_dsc3849

ヘッドバッジ、

_dsc3851

少し見にくいですが、フォークの肩の部分、

_dsc3875

そしてフレーム等に、ツバメが描かれています。

カラーはスチールグレーとデザートカーキの2種類。フレームサイズは、Gentsが500mmと540mm、Mixteが450mmです。

価格は79,000円(税別)となっています。

情報源: ARAYA Bicycle Project

(Gen SUGAI)




1件のコメント

  1. アラヤ エクセラ・スポルティーフのオーナーです。 素晴らしい内容と乗り味に感動しながら、充実した日々を過ごしています。

    今回、アラヤ新車のこの紹介記事に目が止まりました。 プロムナード・ハンドル付きのクロモリ・ミキスト、素晴らしい仕上げですね。

    こうして 次々と上質なクロモリ製の新車を意欲的に展開するアラヤの姿勢に驚き、高く評価しています。 カーボンだ… イタリアンだ… というトレンドが支配的な昨今、それに抗うような… とまでは言いませんが、「気高き孤高の道」を歩むアラヤの姿勢に強く共感するとともに、こうした記事を配信して貰えることに感謝したいです。

ただいまコメントは受け付けていません。