ケルビムのフレームが第21回ミラノ・トリエンナーレ内の「NEW Craft展」に登場

現在イタリア・ミラノで開かれてている美術やデザインの展覧会「第21回ミラノ・トリエンナーレ」。その中で開催される、チューブメーカー「コロンバス」のプロデュースによる「NEW Craft展」において、ケルビム(今野製作所)のフレームが展示されるそうです。

New-Craft-5-Frames

コロンバスが、世界5大陸からそれぞれを代表するビルダーを選び、選ばれたビルダーがコロンバスのチューブを使用したフレームを製作、展示するという企画です。

選ばれたのは、以下の5つ。

Richard Sachs (アメリカ)
Caren Hartley (イギリス)
Cherubim(日本)
Baum Cycles(オーストラリア)
Mercer Bikes(南アフリカ)

●Cherubim(日本)

Cherubim (2)

Cherubim (3)

●Richard Sachs (アメリカ)

Richard Sachs (2)

Richard Sachs (1)

●Caren Hartley (イギリス)

Caren Hartley (11)

Caren Hartley (10)

●Baum Cycles(オーストラリア)

Baum (2)

Baum (9)

●Mercer Bikes(南アフリカ)

David Mercer (2)

David Mercer (5)

開催期間は2016年6月29日〜9月12日。コロンバスのフェイスブックページでも紹介されています。

情報源: New Craft – 5 Continents 5 Frames

リンク: CHERUBIM ケルビム 今野製作所

Photo:Federico Stanzani
www.federicostanzani.com
@federico_stanzani(instagram)

(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。