バス+自転車で観光を — 岡山電気軌道が自転車を積載可能な路線バスを投入


岡山県の岡山電気軌道が本日(14日)から、自転車を車内に積載可能な路線バスを投入するそうです。

okaden_001

このバスは、玉野市の宇野港や瀬戸内海の島々などを舞台に開かれている「瀬戸内国際芸術祭」や、岡山の魅力を全国に発信する大型観光キャンペーンの開幕に伴って、自転車を利用する観光客の利便性を向上させようと、岡山電気軌道が導入しました。グループ会社の和歌山電鉄の駅長を務めていた三毛猫の「たま」をデザインしたバスを、自転車2台が積めるように改修しました。

情報源: 自転車積める路線バス 14日から運行 岡山 | NHKニュース

岡山電気軌道(岡山市中区徳吉町)は新岡山港線(岡山駅東口―新岡山港間)を走る路線バス1台の車内に、自転車2台を積載できるスペースを設けた。14日から運行する。

情報源: 路線バス車内に自転車用スペース 岡電、新岡山港線で1台運行: 山陽新聞デジタル|さんデジ

平日は1日3往復、土日祝日は1日2往復の運行で、自転車を載せるには予約(空きがあれば当日でも利用可能)と自転車料金100円が必要になるとのこと。

okaden_002

なお、自転車を積み込むことができるのは、「岡山駅東口」と「新岡山港」のみです。

積載できる自転車の条件や運行ダイヤ等の詳細は、岡電バスのWebサイトとPDFでどうぞ。

リンク: 岡電バス

リンク(PDF): 自転車積載ラック設置バスについての案内

ちなみに、岡山電気軌道が属する両備グループとして見ると、自転車が積載できるバスは近年で2例目。

saibus

両備バスが「SAIBUS」という、デッキ付きのバスを運行しています。

関連記事: 両備グループ100周年で自転車が積載できるバス – CyclingEX

両備グループ100年の歴史の原点、「けえべん(軽便)」の名で愛されている西大寺鐡道の車輌をバスで蘇らせました。

情報源: 両備バス|さいバス(SAIBUS)

昔の、荷台が付いたディーゼルカーを再現したデザインが特徴で、その荷台部分に自転車を積載可能です。特定の曜日限定ですが、岡山駅〜西大寺間を走っています。

岡電バスと両備バス、同じグループですし、どちらも岡山駅発着なのですから、このふたつの「自転車も載せることができるバス」がリンクすると、もっと良いと思いました。

関連記事: 客貨混載バスから感じる「自転車+バス」の可能性 – CyclingEX

関連リンク: ヤマト運輸が過疎地のバス路線を救う「客貨混載」の試み|消費インサイド|ダイヤモンド・オンライン

(Gen SUGAI)