ちょっと未来っぽかった電動アシスト自転車「PAS」の初代モデル

先日、ヤマハ発動機にお招きいただき、同社の企業ミュージアム「ヤマハ・コミュニケーションプラザ」を見学、そこに展示してあった、1976年に発売の「Cushion Bike 20」を紹介しました。今回は、今やヤマハを代表する製品群のひとつになった「電動アシスト自転車」です。

リンク: コミュニケーションプラザ – 企業情報, ショールーム, ミュージアム, 展示 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報

関連記事: 70年代にオートバイメーカーが作ったジュニアスポーツ車「YAMAHA Cushion Bike 20」

IMG_8847

過去の歴史的製品を展示するスペースに、初代の「PAS」がありました。

IMG_8849

初代PASの登場は、1993年。もう20年以上前のことです。

IMG_8850

バッテリーもアシストユニットも、でかい!

しかし、その大きさゆえに、違和感を与えないようにデザインされているようです。

その後、進化を続ける電動アシスト自転車。

VIENTA5_img04_l

今ではだいぶ普通の自転車っぽくなりました。

151028_IMG_8508

スポーツ自転車向けの小型軽量のユニットも登場しています。

関連記事: ターゲットはこれから始める人。ヤマハの新電動アシストスポーツ自転車「YPJ−R」

ちなみに「Impress Car Watch」の過去記事で、PASのプロトタイプが紹介されていました。シャフトドライブが検討されていたそうです。

リンク: ヤマハ、電動アシスト自転車「PAS」2010年モデル説明会

(Gen SUGAI)




投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。