コンビと共同開発した子乗せ電動アシスト「パナソニック・ギュット・クルーム」

パナソニック サイクルテックが、ベビーカーで知られるコンビと共同開発した子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」を発表しています。



コンビが独自開発した衝撃吸収素材「エッグショック」を、チャイルドシートの頭部両サイドに内蔵されるクッションに採用しているのが大きな特徴です。

衝撃吸収力をもたせることで、子どもの頭を包み込むように守ります。

また、「ソフトグリップ」と名付けられたグリップバーは、顔や歯などをぶつけたときの衝撃を和らげる構造。アクセアリーとして、座り心地をよくするシートクッションも用意するなど、随所にコンビのノウハウが注入されています。

価格は149,800円〜165,800円(税別)です。

情報源: 子育てモデルの電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」を発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。