GT 2016年モデル:グラベルロードの上位モデル「GRADE CARBON 105」


ロードバイクをベースとしつつオンもオフもいけるGTのグラベルロード「GRADE」シリーズは、2014年秋に2015年モデルとして登場。この秋発表された2016年モデルで2シーズン目を迎えます。

IMG_8573

7月に2016年モデルの先行発売分としてアルミフレームの普及価格帯モデルが発表されていましたが、10月の展示会ではカーボンフレームの上位モデル(写真左)も登場していました。

●GRADE CARBON 105

2015年モデルでは2車種あったカーボンフレーム版ですが、2016年モデルでは1車種だけが日本に投入されます。

9167210

製品名にあるとおり、シマノ・105完成車です。ブラックのフレームにブラックのコンポーネントなので、全体の雰囲気は渋くまとまっています。

IMG_8577

やや細めに見えるフロントフォークは、ディスクブレーキの制動力に耐える剛性は持ちつつ、しなることで振動吸収性を高めています。15mmスルーアクスル仕様です。

IMG_8575

タイヤは700×28Cが標準ですが、35Cのブロックタイヤまで対応します。

IMG_8579

GTならではのトリプルトライアングルフレーム。路面からの突き上げをトップチューブにも分散することで乗り心地をよくしています(いちばん小さな510サイズは、トリプルトライアングルではなく通常の形状)。

IMG_8584

細身のシートステーは、グラスファイバーのコアとカーボンのアウターレイヤーにより、剛性と快適性を両立しています。

サイズは510、530、550の3種類。価格は338,000円(税別)です。

●GRADE ALLOY 105

アルミフレームの上位モデル「GRADE ALLOY 105」も改めて紹介しておきます。

9166600

クラリス仕様はブレーキがテクトロの機械式ディスクでしたが、GRADE ALLOY 105ではTRPのワイヤー引き油圧ディスクとなっているのも特徴です。

IMG_8586

アルミフレームでももちろんトリプルトライアングルですが、こちらは左右のシートステーにブリッヂが渡してあります。

サイズは480、500、510、530、550の5種類で、2015年モデルと比較して大きいサイズが1つ減り、小さいサイズが2つ増えています。価格は168,000円(税別)です。

先行発売されていた分の紹介記事は、下記からどうぞ。

関連記事: 35Cタイヤも装着可能なGTのグラベルロード「GRADE ALLOY」シリーズ

関連記事: GT2016年モデル:グラベルロードをフラットハンドル化した「GRADE FB COMP」

製品の詳細については、ライトウェイプロダクツジャパンのGT公式Webサイトでどうぞ。

リンク: GT公式サイト | ジーティー MTB

(Gen SUGAI)