35Cタイヤも装着可能なGTのグラベルロード「GRADE ALLOY」シリーズ


先日、GTのグラベルロード「GRADE」に2016年モデルでフラットバーバージョンが出ることを紹介したところ、「それってクロスバイクになったってこと?」という反応がありました。いやいや、もちろんドロップハンドルのGRADEもありますよ!

●GRADE ALLOY CLARIS

150804_001

ドロップハンドルのGRADEとしては、もっとも安価なモデルです。モデル名を見てもわかるように、コンポートはシマノ・クラリス。ブレーキはテクトロのメカニカルディスクです。

サイズは480、500、510、530、550が用意され、価格は108,000円(税別)です。

●GRADE ALLOY CLARIS WOMENS

150804_002

GRADE ALLOY CLARISの女性向けバージョン。小さめのサイズ(480、500)のみ用意され、サドルが女性用になっている等の違いがあります。価格は同じく108,000円(税別)です。

●GRADE ALLOY 105

150804_003

コンポーネントにリア11速のシマノ・105、ブレーキにはTRPのワイヤー引き油圧ディスクを採用した上位モデル。サイズ展開は480、500、510、530、550で、価格は168,000円(税別)です。

というはけで、現状のGRADE ALLOYはフラットハンドル1モデル、ドロップハンドル4モデルが用意されています。GTの早期発表モデルはエントリーグレード寄りのものが中心なので、秋にはカーボンモデルなどが改めて発表されるのではないかと思われます。

2015年モデルと比較すると、サイズ展開が増えています。例えば2015年モデルのGRADE ALLOY CLARISは、XS、S、M、Lというサイズ表記&展開でした。2016年モデルの詳しいジオメトリーはまだ掲載されていませんので、これは掲載されるのを待ちたいと思います。

シリーズ全体の特徴として、グラベル走行にのために太いタイヤの装着に対応しています。標準では700×28Cのタイヤが装着されていますが、35Cのタイヤを装着することも可能です。それだけフレームのクリアランスが確保されているのはもちろん、リムも17mmのものが使われています。

ちなみにETRTO的には17mm幅のリムに23Cは対応しないことになっているようなのですが(参考過去記事)、現実的には23Cでも24mmあったりしますし、GT的にはこのGRADE ALLOYについて「23Cから35Cまで対応」と謳っています。

GT2016年モデルの詳細は、ライトウェイプロダクツジャパンのWebサイトでどうぞ。

2016 MODEL | GT公式サイト | ジーティー MTB.

(Gen SUGAI)