JAMIS 2016年モデル:フィットネスからロングライドまでマルチにこなすクロモリロード「QUEST」シリーズ


JAMISのロングセラーモデル、クロモリロードの「QUEST」シリーズの2016年モデルが発表されました。初代の発表は1988年で、マイナーチェンジを繰り返しつつ、ヘッドチューブが長くBBハイトが低い現在のスタイルが出来上がっています。

まずは、ベーシックグレードとなる「QUEST SPORT」。

2016_jamis_quest_001

クラシカルなクロモリフレームですが、ヘッドチューブを長くとったスローピングデザインが特徴です。チューブは4130クロモリ。

2016_jamis_quest_002

ヘッドチューブが長いということは、それだけハンドルの位置が高くできるということ。

2016_jamis_quest_003

メインコンポーネントは、シマノ・クラリス。ギアは前2×後8段の16速です。

2016_jamis_quest_004

こちらの「Cadenza Rose」カラーの車体は、いちばん小さな48cmサイズ。

2016_jamis_quest_005

QUESTは原則としてキャリアダボ付きなのですが、48cmサイズのみキャリアダボがありません。

サイズ設定は48、51、54、56cmで、48、51、54の「Cadenza Rose」カラーのみ、女性ユースを念頭にジオメトリーとパーツスペックが一部差し替えられています(もちろん小柄な男性でも乗車可能)。

価格は、以前紹介した2015年モデルよりはアップして、93,000円(税別)となっています。

続いて、ひとつ上のグレードである「QUEST COMP」。

2016_jamis_quest_006

メインコンポーネントは、リア9速のシマノ・ソラです。

2016_jamis_quest_007

チューブはレイノルズ520。

2016_jamis_quest_008

QUESTシリーズは、両モデルとも700×25Cタイヤを標準装備。ブレーキもロングアーチです。

2016_jamis_quest_009

ステムの高さを簡単に調整できる「ATS」を採用しています。

「QUEST COMP」のサイズ設定は、48、51、54cm。価格は129,000円(税別)です。

このQUESTシリーズ、「ロードバイクが欲しいけれど、レースに出たいわけではない」「予算に限りがある」「普段使いもしたいし、週末は遠くまで行きたい」——そういった、よく聞く話だけど、冷静になって考えると欲張りなニーズをしっかり受け止めてくれる、そんな1台と言えるのではないでしょうか。

リンク: Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes

(Gen SUGAI)