GIANT 2016年モデル:ダートを含んだロングライドに対応するグラベルロード「REVOLT」シリーズ


GIANTの製品情報が2016年モデルに更新されていますね。今日は同社のラインナップの中から、グラベルロードの「REVOLT」シリーズを紹介します。

revolt1_00000072_l2

2014年モデルから登場した、グラベルロードの「REVOLT」。オンもオフも行けるドロップハンドルのスポーツバイクです。初登場時(2013年秋)の記事を振り返ってみます。

GIANT 2014年モデル:ダートもオンロードも高速で駆け抜ける!新ジャンル「REVOLT」シリーズ

当時のGIANT展示会ではなかなか力が入っていたように記憶しています。ただし、オンもオフも行けるドロップハンドルの自転車としては「ANYROAD」シリーズも登場しており、現在はそちらのほうが前に出ているのかなという、印象もあり。

しかし、ツーリング&ポタリング志向の強いANYROADに対して「オンもオフも飛ばしていく」というREVOLTの立ち位置に変わりはありません。

revolt1_00000072_l

こちらは上位モデルの「REVOLT 1」。アルミフレームにカーボンフォーク(アルミコラム)、そしてグラベルロードには必須のディスクブレーキを備えています(補助ブレーキレバー付き)。メインコンポーネントは、リア10速のシマノ・ティアグラです。

そして、オンもオフもこなすために、タイヤは700×35Cを装備。田舎道で突然舗装が途切れても、慌てる必要はありません。

サイズは430(XS)、450(S)、470(M)、490(ML)mm、重量は10.5kg(470mm)、価格は155,000円(税別)です。

revolt3_00000073_l

そしてこちらが「REVOLT 2」。フレームはもちろんREVOLT 1と共通です。REVOLT 1はダウンチューブのワイヤー類が樹脂カバーの中に収められているのですが、こちらのREVOLT 2では、さらにフェンダーが装備されています。

_DSC0908

こんなふうになっています。

メインコンポーネントはシマノ・クラリスで、フロント3段×リア8段となっています。タイヤは同じ700×35Cです。

サイズは430(XS)、450(S)、470(M)、490(ML)mm、重量は11.3kg(450mm)、価格は110,000円(税別)です。

キャリアやフェンダーを装備することができるので、ツーリング車的に使用するのもOKですし、先日「TOUGHROAD SLR」の記事で紹介したGIANT純正のバッグ類を組み合わせても面白いでしょう。

関連記事:GIANT 2016年モデル:バイクパッキングの要素を取り込んだオールラウンダー「TOUGHROAD SLR」シリーズとアクセサリー群

リンク:ジャイアント

(Gen SUGAI)