ANCHOR 2016年モデル:ブリヂストン中央研究所のシミュレーション技術を活用して開発した新フラッグシップロード「RS9」


ブリヂストンサイクルのスポーツ車ブランド「ANCHOR(アンカー)」の2016年モデル発表会が開催されました。新たな開発手法を用いた新しいフラッグシップモデル「RS9」が登場しています。

ANCHOR RS9
ANCHOR RS9

ANCHOR RS9 ELITE
ANCHOR RS9 ELITE

最上位モデルの「RS9」(デュラエース完成車)は775,000円(税別)、「RS9 ELITE」(アルテグラ完成車)は520,000円(税別)、RS9のフレームセットは350,000円(税別)となっています。

このRS9は、ブリヂストンサイクルと、ブリヂストングループの研究開発部門であるブリヂストン中央研究所と共同で開発した「PROFORMAT」(推進力最大化解析技術)が用いられています。

DSC04376

もともと「アンカーラボ」によって、ライダーの出力を計測したり、静荷重試験を行うなどされていたわけですが、新たにシミュレーション技術が加わりました。

DSC04390

その結果、このような構造が導き出されたわけです。

DSC04383

加速しようとするフレームは、リアが左右に変形します(舵角が生じる)。この変形をどう抑えるか。さまざまな形状を検討しライダーの乗車状態をシミュレーションすることで得られた形状です。

DSC04381

新しいRS9は、従来モデルよりも「進む」フレームになっています。

DSC04394

実車検証も、当然ながら実施。モーションキャプチャも用いて計測します。

DSC04395

舵角が減少、つまり推進力のロスが抑えられていることが実証されました。

……というのが、プレゼンの大まかな内容です。

DSC04411

ワイヤー内装式で、シンプルながら見た目の質感も高くなっています。

ANCHORと言えばカラーがいろいろ選べるのが特徴ですが、冒頭「RS9」の写真は「レーススタイル」と呼ばれるカラーで、一部の上位グレードのみに用意される、チームカラーです。そして、「RS9 ELITE」の写真は「エッジスタイル」と呼ばれるもので、このモデルの場合は差し色の部分が33色から選択可能です。

※RS9では単色カラーオーダーが選べません。当初、単色も選べるよな記載になっていましたが、訂正いたします。

新しいカラーオーダーシステムについては、別記事でお伝えします。

リンク: ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

(Gen SUGAI)