ANCHOR 2016年モデル:RS9と同様の開発手法を用いたアルミレーサー「RS6」


先日はブリヂストン・アンカーの新しいロードバイク「RS9」を紹介しましたが、アルミフレームもモデルチェンジします。RS9で用いられた、ブリヂストン 中央研究所と共同開発した解析技術が、このRS6にも活かされています。

RS6 EQUIPE
RS6 EQUIPE

ブリヂストン 中央研究所のシミュレーション技術をロードバイクにも応用したのが、先日紹介したニューモデルの「RS9」。そして同様の手法で開発されたアルミフレームが、この「RS6」です。

ここで、従来モデルの「RA6」を見ておきます。

RA6
RA6

RA6と比較すると、RS6はシンプルで力強い造形になったように感じます。

RS6 EQUIPE(写真のホイールは標準とは異なります)
RS6 EQUIPE(写真のホイールは標準とは異なります)

フレームは相変わらず角断面形状ですが、RA6と見比べると、ダウンチューブのボリュームは少し抑えられているように見えました。

RS6 EPSE
RS6 EPSE

アンカーらしいレーサーとしての性能と耐久性を確保しながら、可能な限り軽量化を行ったとのこと。

RS6 SPORT
RS6 SPORT

フレームのジオメトリーは、RS9やRS8に近いもの。したがって、ヘッドチューブは短めです。

RS6 EX
RS6 EX

また、アンカーのアルミモデルにはある程度「お求め安さ」も期待されると思いますが、完成車の価格帯は145,000円〜200,000円(税別)と、しっかり応えてくれています。

RS6 EX
RS6 EX

アンカーは2016年モデルでカラーオーダーシステムもリニューアルしていますが、RS6のカラーオーダー対応モデルでは、「エッジスタイル」と「シンプルスタイル」でオーダー可能で、「セレクトパーツ」によってパーツを変更することも可能です。また、カラーオーダー非対応モデルでは「エッジスタイル」にのっとったカラーが採用されています。

以下、ラインナップです。

●RS6シリーズ ラインナップ
RS6 FRAME(フレームセット) 105,000円(税別)
RS6 EQUIPE(105完成車) 200,000円(税別)
RS6 EPSE(105完成車、オーダーシステム非対応) 200,000円(税別)
RS6 SPORT(ティアグラ完成車) 170,000円(税別)
RS6 EX(ソラ完成車、オーダーシステム非対応) 145,000円(税別)

細かいことですが、「RIS9」は「RS9」にモデルチェンジし、「RA6」は「RS6」にモデルチェンジしました。「RS8」は継続です。したがって、レーサー系のランナップが「RS」に統一されて、わかりやすくなりました。

リンク: ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

関連記事: ANCHOR 2016年モデル:ブリヂストン中央研究所のシミュレーション技術を活用して開発した新フラッグシップロード「RS9」 | CyclingEX

関連記事: 単色の表面仕上げが選べるようになったANCHOR 2016年モデルの新カラーオーダーシステム | CyclingEX

(Gen SUGAI)