街で!山で!MTBを自在に操るあのロード選手


sagan_001

街中を駆け下りてくる、2台のMTB。

sagan_002

リアを派手に滑らせながら、コーナーを抜けていきます。

sagan_003

ウィリーだってお手のもの。

sagan_004

ランランラ〜ン♪ランランラ〜ン♪

sagan_005

ランランランランラ〜ン♪

sagan_006

ライダーのうちひとりは、XCライダーのマルコ・フォンタナ(キャノンデール)です。

sagan_007

トレイルに入っても生き生きとしているふたり。フォンタナは当然として、もうひとりは……もう、おわかりですね。

sagan_010

キャノンデールに在籍していたときの、ペテル・サガンでした。

sagan_008

MTB XCでジュニアの世界選手権を制したことがあるサガン。MTBに乗っても生き生きとしているのは、当然のことなのでした。

sagan_009

そうはいっても、今の本職はロードの選手。この映像では、トレイルに入ってからはフォンタナを立てるような画作りになっています。

sagan_011

それにしても楽しそうなサガンです。

さて、今はティンコフ-サクソに移籍してスペシャライズドの自転車に乗っているサガン。

sagan_012

スペシャライズドの動画でも、そのテクニックを見せています。

sagan_013

MTB出身のヤコブ・フグルサング(アスタナ)も「最高の選手」と語ります。

sagan_014

いきなり、バンの荷室に前輪を突っ込むサガン(笑)

sagan_015

良い子はマネしないでください。マネしようともしないでください。

sagan_016

得意のポーズ。

sagan_017

そんな顔しなくても、もうわかりましたから。

というわけで、YouTubeの動画を貼っておきます。

まずキャノンデールのほうから。

続いて、スペシャライズドです。

そういえばロビー・マキュアンも、ツール・ド・フランスの山岳ステージでグルペットを形成して走っているとき(いわゆる“マキュアン友の会”)やゴール時にウィリーをしていました。マキュアンはジュニア時代にBMXをやっていて、そこでバイクコントロールの基礎が磨かれたようです。

「子供をロードの選手に育てたかったら、まずはMTBかBMXだな!」と思ったらシェア。

(Gen SUGAI)