モンベルがプロデュースしたオリジナルロードバイク「シャイデック」


CyclingEXでもときどきアイテムを紹介している、アウトドアギアブランドの「モンベル」。自転車関連のアパレルやグッズも数多く取り揃え、一部のモンベルストアでは自転車の販売も行っています。そして2014年シーズンから、自社プロデュースのロードバイク完成車「SCHEIDEGG」(シャイデック)を販売しています。

そもそもなぜ、モンベルが自社ブランドの自転車をやるのか。モンベルには、シーカヤック〜自転車〜ハイクという3つのアクティビティにより水辺から山頂を目指すアドベンチャーイベント「SEA TO SUMMIT」を開催しています。このイベントの参加者のために、日本人にフィットして、起伏のある日本の地形にぴったりな自転車を作ろう……というのが、スタート地点だったそうです(と、昨年のサイクルモードで伺いました)。

140619_montbell_001

こちらが、ベーシックモデルのティアグラ完成車「シャイデック」。写真のブルホーンハンドルの他、ドロップハンドルバージョンもあります。比較的シンプルな造形のアルミフレーム+アルミフォークという組み合わせ。これにスギノ製のアウター46T×インナー30Tのコンパクトクランクを装備。Qファクター(左右のペダルの間隔)は狭め、そしてクランク長もSサイズで160mm、Mサイズで165mm、Lサイズで170mmとしています。

140619_montbell_002

こちらは上位モデルの「シャイデック GT」。ドロップハンドルモデルのみの展開です。フレームはやはりアルミですが、GTではカーボンフォークとなります。メインコンポーネントはアルテグラです。アルテグラに160mmのクランクはありませんので、SサイズとMサイズが165mm、Lサイズが170mmとなります。

価格は、「シャイデック」がドロップハンドル/ブルホーンハンドルともに122,000円(税別)、「シャイデック GT」が228,000円(税別)。オンラインショップで何でも買えるイメージのあるモンベルですが、自転車はもちろん店舗での販売のみ。グランベリーモール店、リーフみなとみらい店、名古屋店、ALBi大阪駅店での取り扱いとなっています。実車に試乗することもできるそうなので、興味のある方は店舗に行ってみたり、問い合わせてみたりすると良いでしょう。

モンベル | モンベル初のロードバイク、「シャイデック」誕生 |.

(Gen SUGAI)