32Lの容量を持ち工夫次第でいろいろ使える「TIMBUK2 Spire」

「TIMBUK2(ティンバックツー)」のバックパック「Spire(スパイアー)」は、32Lの容量を持つバックパック。メインの収納スペースの他に、ポケットやチェーンループを装備を備えて使い勝手を良くしています。

Read more

GIANTの防水機能付きパニアバッグ「SHADOW ST PANNIER BAG」と「SHADOW DX PANNIER BAG」

GIANT(ジャイアント)の「SHADOW ST PANNIER BAG」と「SHADOW DX PANNIER BAG」は、耐水性ナイロン素材を用いた、防水機能付きパニアバッグ。ツーリングや通勤などに幅広く活躍します。

Read more

見かけによらず大容量のTIMBUK2「コマンドパック」

自転車通勤に使えるバッグが欲しいと思ったときに、多くの人が一度は検討するであろう「TIMBUK2(ティンバックツー)」。コマンドパックは、四角いカタチをしてビジネスでも使えるバックパックです。

Read more

ミッションパック×デイパック=GREGORY「COVERT MISSION DAY」

GREGORY(グレゴリー)の3WAYバッグと聞くと今でもミッションパックの名を思い浮かべる人が多いと思います。現行モデルは、いろいろとリニューアルされた「COVERT MISSION(カバートミッション)」を中心に、複数のバリエーションが展開されています。

Read more

多様なシチュエーションで使えるリュックといえばTHE NORTH FACE「シャトルデイパック」

いま、いろいろなバッグメーカー/ブランドから「ビジネスにも使える」「自転車通勤にもOK」を謳う製品が出ていますが、「ビジネスにも使えるリュック」と聞いてまず思い浮かべるのは、例えばTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェース)の「Shuttle Daypack(シャトルデイパック)」のようなものでしょう。

Read more

BC FUSE BOXより大人っぽいTHE NORTH FACE「PRO FUSE BOX」

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェース)の「BC FUSE BOX」といえば、ここ数年のあいだ高校生〜大学生あたりの年代に人気のバッグ。摩擦強度と耐水性に優れているのが魅力です。そしてそのBC FUSE BOXを少しグレードアップしたのが、「PRO FUSE BOX」です。

Read more

荷物が多いときの自転車通勤もOK!?「かわるビジネスリュック」

個人的かつピンポイントなニーズとして「1泊2日程度の出張に出る際、自宅から最寄りの新幹線駅まで自転車で行きたい」というものがあります。そう思っているだけで実際にトライできていないのですが、障壁のひとつは「荷物をどうするか」。

Read more

普段着の自転車通勤にフィットするシマノのサイクリング用バッグ「T-23」

自転車のコンポーネントだけではなく、ウェアやバッグなども発売しているシマノ。今回紹介する「T-23」は、ゆったりペースでのサイクリングに適したバックパックです。

Read more

BRI-CHAN:積載能力抜群の「TOTEBOX」で家族といっしょにピクニックへ出かけよう

荷物をラクにたくさん運ぶことができる自転車って、なんだか夢が広がりますよね。積載のスタイルには、自転車にキャリアを取り付けて荷物を直に固定したり、サイドバッグ/パニアバッグを使ったり、近年だとバイクパッキングなんかもあり

Read more

BRI-CHAN:運べる自転車「TOTEBOX」と純正クーラーバッグで「ひとりピクニック」を楽しむ

日本版カーゴバイクと呼べそうなブリヂストンの「TOTEBOX(トートボックス)」。その積載能力と専用オプションのクーラーバッグを使って「ピクニック性能」を検証しました。

Read more

会社に行くのが楽しくなる!? 2016年春注目の通勤自転車

4月1日、新年度のスタートってやつですね。自転車通勤を始める人も多いと思います。CyclingEXなりに、2016年モデルの中から注目の「通勤自転車」をピックアップしてみました。

Read more