10万円グラベルロードGT GRADE ALLOY CLARIS(2016年モデル)、5ヶ月経っていちばん気になっているのはココ

10万円以下で売られているグラベルロードってどんな感じだろう?と思い、自分で確かめるべく購入してみた(ということになっているが、実は手っ取り早く物欲を満たしただけの)GT GRADE ALLOY CLARIS(2016年モデル)。早いもので、乗り始めて5ヶ月が経ちました。

相変わらず、未舗装路を少し含む、20〜40km程度のコースをたらりっと流すにはぴったりだと思っています。

オンロードのみであっても、裏道や里山周辺などには、路面の荒れたところやちょっとしたトラップのような段差もあり、そういった場面でもグラベルロードは活きます。

関連記事: こういうところでコケそうになる – CyclingEX

タイヤは相変わらず使い古しのシュワルベ・サミースリック 700×35Cを使っています。

概ね気に入っていますが、不満なところも、もちろんありました。5ヶ月経ってどう感じているかというと……。

まず、シマノ・クラリスの安っぽさについては、もちろんどうにかしたいけど、ちゃんと変速はするので「まぁいいか」という気にもなっています。別に8速でも、実用上は困りませんし。

次に、クランク(FSA・TEMPO)の安っぽさ、剛性のなさですが、これもなんとかしたいけど、実際はインナーでゆるく乗っていることが多いので、今は「まぁ、いいか」という状態。

今いちばん気になっているのは、機械式ディスクブレーキ(テクトロ・ミラ)。

購入当初と比較すると、あたりは出ているので使い物にはなっています。もちろん、油圧式ディスクブレーキのようなコントロール性は期待していません。では何が気になっているかというと、ワイヤーの引きが重たいことです。これも分かりきっているんですけど、距離が伸びると手が疲れますね。

で、じゃぁ何から変えるかとなると、やっぱりブレーキなのかなぁ……とか。まだ結論は出ていません。

代わり映えのしないYouTube動画も貼っておきます。

この動画を撮った後、帰宅してバイクを見たら結構ドロドロでした。

GRADE ALLOY CLARISについての過去記事は下記リンクから。

タグアーカイブ: GT GRADE ALLOY – CyclingEX

関連記事: 最近グラベルロードばかり乗っている – otona-lab.com

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like