どうして流行ったのかわからないけれど

近年の自転車ブームに少なからず影響を及ぼしていることは間違いない、自転車ツーキニストの疋田智さん。彼の情報発信はWebサイトからメルマガに移ってしまっているけれど、今でもWebサイト「自転車通勤で行こう!」を見ると、やはり(古いけど)面白いコンテンツがたくさんあります。

そのひとつが、このコーナー。直リンOKと書いてあったので、直接。

リンク: 自転車小僧よ、読んで泣け。.

そうです、ジュニアスポーツ車です!

セミドロップハンドル!

フラッシャー!

すべてが懐かしいですね。筆者(すがい)は1975年生まれなので、ジュニアスポーツ車の末期しか知りませんが、今でも年に数回、何かの間違いで生き残ってしまったジュニアスポーツ車を見ると、なんとも言えない気持ちになります(たいていは老人が乗っている……)。

ダイヤモンドフレーム+セミドロップの自転車自体は90年代後半まで生き残っていたようですが、今ではすっかり見かけませんね。あったとしても、ジュニアスポーツ車とはかけ離れたおしゃれ自転車になっている場合がほとんどです。

ジュニュアスポーツ車の持つテイスト、現代のパーツを使って、シャレで再現してみたい気もしなくもないですが……。

それにしても、どうしてジュニュアスポーツ車って流行ったんだろう。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like