1980年代を象徴する「カマキリ」はシンプルで上品なシティサイクルだった

1980年に発表され、80年代のブリヂストンサイクルを代表するばかりか、この年代のシティサイクルの象徴とも言えるのが、あの「カマキリ」です。

ブリヂストンサイクルより、80年代前半の24インチモデル「KG-24K」のカタログ画像を提供していただきました。

140317_kamakiri_001

後年、実はありとあらゆる種類の自転車が「カマキリ」を名乗ることになるのですが、カマキリと言えばやはり、スタッガードフレームにこのハンドルですよね。

140317_kamakiri_002

ハンドルばかりに目が行きがちですが、スタッガードフレームのシティサイクルというものを確立した自転車でもあります。

140317_kamakiri_003

当時、どちらかといえば「ヤンキー受け」したカマキリですが、改めて見ると、とてもシンプルで上品なスタイルをしていることがわかります。とくにベーシックなモデルでは画像のように、シングルスピード、フェンダー無し、カゴ無し、ダイナモランプすら無し。しかもリアはコースターブレーキで、ほとんどビーチクルーザーのようなスペックです。

これが、末期のジュニアスポーツ車と同時期に存在したと言うのも、面白いですね。

ちなみに、このKG-24Kは27,800円というプライスでした。

関連記事: ブリヂストンサイクル名車紹介:1980年代に街を席巻した「カマキリ」 – BRI-CHAN

カタログ提供:ブリヂストンサイクル

(SUGAI Gen)

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。