本格的なオフロードにも対応するGIANTのエントリーMTB「TALON」がモデルチェンジ

GIANT(ジャイアント)のMTBラインナップの中で、本格的なオフロード走行に耐えられるエントリーモデルといえば、この「TALON(タロン)」だ。2021年モデルで、フルモデルチェンジしている。

TALON 1 photo_ジャイアント

2021年モデルのTALONは、27.5インチホイールのアルミハードテールである点は従来モデルから変わらないが、フレームの設計を見直したことで振動吸収性や路面追従性が向上。

続きを読む 本格的なオフロードにも対応するGIANTのエントリーMTB「TALON」がモデルチェンジ

BREEZERのクロモリリジットMTB「THUNDER」

BREEZER(ブリーザー)の2021年モデルとして、クロモリリジットMTB「THUNDER」が登場。

photo_アキボウ

カスタムバテッドチューブを用いたフレームは、負荷の集合するところに強固なガゼット補強を施し、振動吸収性を生かしながらも強度を高めている。

続きを読む BREEZERのクロモリリジットMTB「THUNDER」

SPECIALIZEDが新型「STUMPJUMPER」を発表

SPECIALIZED(スペシャライズド)が、トレイルバイク「STUMPJUMPER (スタンプジャンパー)」を発表している。

photo_スペシャライズド・ジャパン

あれ?このあいだSTUMPJUMPERの新しいやつ出てなかった?——先に発表されたのがフロント160mmとリア150mmのトラベル量をもつ「STUMPJUMPER EVO」で、後から発表されたのがフロント140mmとリア130mmのトラベル量をもつ「STUMPJUMPER」だ。

続きを読む SPECIALIZEDが新型「STUMPJUMPER」を発表

6種類のジオメトリー調整が可能なトレイルバイク「SPECIALIZED STUMPJUMPER EVO」

SPECIALIZED(スペシャライズド)が、トレイルバイク「STUMPJUMPER EVO(スタンプジャンパーEVO)」を発表している。

フロント160mmとリア150mmのトラベル量をもち、29erが標準となった新型STUMPJUMPER EVO。Webサイトには『多様な地形に対応し、ライダーのポテンシャルを解放してさらなる進化を促す』という大仰なコピーが踊る。「いかなるトレイルにも対応」とはよく言われるが、それをどのように実現しているのか?

photo_スペシャライズド・ジャパン
続きを読む 6種類のジオメトリー調整が可能なトレイルバイク「SPECIALIZED STUMPJUMPER EVO」

宿題は終わらせた!? SPECIALIZEDのアルミXCモデル「CHISEL」

SPECIALIZED(スペシャライズド)が、アルミフレームのXC向けMTB「CHISEL(チゼル)」のモデルチェンジを発表した。

photo_スペシャライズド・ジャパン

無駄な部材を削ぎ落としたDSW(D’Aluisio Smartweld Technology)によるM5アルミフレームを採用し、もちろんBOOST 148仕様、十分な軽さと走破性の高さをもっていた従来のCHISEL。とてもお買い得感のある価格設定もあって人気だったが、比較的早めのフルモデルチェンジとなった。

続きを読む 宿題は終わらせた!? SPECIALIZEDのアルミXCモデル「CHISEL」

GIANT 2021年モデル:リア135mmトラベルになった「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」

GIANT(ジャイアント)が、フルサストレイルバイク「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」を発表している。

photo_ジャイアント

リア115mmストロークだったTRANCE 29ERから、リア135mmストロークとなって名称も「TRANCE X 29ER」へ。そしてリアまでフルカーボンのフレームを採用し今回登場したのが「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」だ。

続きを読む GIANT 2021年モデル:リア135mmトラベルになった「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」

GIANT 2021年モデル:130mmトラベル&ヘッドアングル66°になった「FATHOM」

GIANT(ジャイアント)が、トレイル向けハードテールMTB「FATHOM(ファゾム)」をモデルチェンジして発表している。

photo_ジャイアント

先日GIANTのWebサイトが更新された際に、MTBのラインナップをみて「あれ?FATHOM無いの?」と思った人もいるかと思うが、数日遅れで新型が発表された。

続きを読む GIANT 2021年モデル:130mmトラベル&ヘッドアングル66°になった「FATHOM」

TREKのXCハードテールMTB「Procaliber」がモデルチェンジ

TREK(トレック)が、クロスカントリー向けハードテールMTB「Procaliber(プロキャリバー)」をモデルチェンジ。デザインを一新し、カーボンフレームのみのラインナップとなった。

photo_トレック・ジャパン

ProcaliberはXC(クロスカントリー)向けのハードテールMTBだが、前モデルに引き続きTREK得意の振動吸収システム「IsoSpeed」を搭載している。つまり、シートチューブがトップチューブから分離しており、より大きなしなりが得られるというわけ。

もうひとつの特徴は、転倒時などにハンドルが大きく切れてレバー等がフレームにぶつかるのを防ぐ「Knock Block」を搭載していること。その切れ角は58度から62度へとアップし、使い勝手をよくしている。

photo_トレック・ジャパン

フレームのデザインは、より「最近のTREK」らしくなったが、変わったのは見た目だけではない。ヘッドアングルは従来モデルの69.3〜69.6度から68.8度へと寝かされ、ホイールはすべてのフレームサイズで29erとなった(従来はSモデルが27.5インチだった)。

photo_トレック・ジャパン

2021年モデルのProcaliberは、カーボンフレームのみの2モデル展開で、アルミフレームはなくなった。そのかわり、安いほうの「Procaliber 9.5」は、235,000円(税別)とお買い得感のある価格設定だ。

●Procaliber 9.6

photo_トレック・ジャパン

価格:305,000円(税別)

●Procaliber 9.5

photo_トレック・ジャパン

価格:235,000円(税別)

詳細はTREKのWebサイトにて。

リンク: クロスカントリーレースハードテールのトレック Procaliber | Trek Bikes (JP)

(SUGAI Gen)