Cannondaleの小径E-BIKE「Compact Neo」

キャノンデール・ジャパンが、小径E-BIKE「Compact Neo(コンパクトネオ)」を、2023年1月27日(金)より発売すると発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、ジェネラルマネージャー:樫村 浩史、以下 キャノンデール)は、日本の生活様式にフィットした軽量小径EバイクCompact Neo(コンパクトネオ)を1月27日(金)より発売いたします。

情報源: キャノンデール、軽量小径EバイクCompact Neo(コンパクトネオ)1月27日発売|キャノンデール・ジャパン株式会社のプレスリリース

photo_キャノンデール・ジャパン

かつて人気だった小径モデル「HOOLIGAN(フーリガン)」を思い起こさせるデザインのフレームにバッテリーを内蔵、そしてリアハブモーターを採用しているので、電動アシスト自転車にありがちな間延びしたスタイルではなく、E-BIKEであることを意識させません。

室内保管の際に場所を取らないように、ペダルは折りたたみ式、そしてハンドルも90度曲げた状態にできます。駐輪場で隣の自転車とぶつかりそうなときにも、役に立ちそうです。

シンプルにまとめられたスイッチ類、標準装備されるフェンダーやラック、そしてスタンドなど、日常での扱いやすさに配慮されていることが伺えます。

メーカー発表の最大走行距離は、60km。ハイモードで32km、ミッドモードで45km、ローモードで60kmとなっています。

価格は290,000円(税込)。詳細はニュースリリースおよび製品情報でどうぞ。

リンク: キャノンデール、軽量小径EバイクCompact Neo(コンパクトネオ)1月27日発売|キャノンデール・ジャパン株式会社のプレスリリース

リンク: Compact Neo | Electric Commuter Bikes | Cannondale

(SUGAI Gen)

自転車が絡む読み物や自転車生活に役立つ商品の紹介を、新しい「CyclingEX」に掲載しています。