Cannondaleのグラベルバイク「Topstone」シリーズがアップデート

Cannondale(キャノンデール)が、グラベルバイク「Topstone(トップストーン)」シリーズの2022年モデルを発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon

カーボンモデルは、従来モデルが採用していた独自規格を減らし、シンプルな構造になっているのが特徴。

まず、Aiオフセットを廃したので、Aiホイール以外の、つまりふつうの700Cホイールが利用可能になりました。また、BB規格はBSAになっています。

photo_キャノンデール・ジャパン

Aiオフセットの替わりに左右非対称ドロップドチェーンステーとすることで、タイヤクリアランスを確保。700×45Cまで対応します。

約30mmのフレックスを実現する「KingPin サスペンション」は、従来のベアリング式からブッシュ式に変更されました。この部分で、100gの軽量化につながったとのこと。

一部のモデルにはSynapseに続き、前後ライト、リアレーダー、ホイールセンサー、バッテリーを統合した「SmartSense」を搭載します。ダウンチューブにSmartSenseのバッテリーが鎮座。

一方SmartSense非搭載モデルでは、ストラップラックホルダーを搭載し、上の写真のように予備チューブ等を携行するのに使えます(予備チューブやボンベが付属するわけではないので、あしからず)。

ラインナップは下記のとおりです。

Topstone Carbon 1 RLE
サイズ:XS、SM、MD
価格:792,000円(税込)
※SmartSense搭載

photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon 1 Lefty
サイズ:XS、SM、MD
価格:737,000円(税込)
※Lefty搭載

photo_キャノンデール・ジャパン

Topstone Carbon 2 Lefty
サイズ:XS、SM、MD、LG
価格:484,000円(税込)
※Lefty搭載

Topstone Carbon 3 L
サイズ:XS、SM、MD
価格:363,000円(税込)
※SmartSense搭載

Topstone Carbon 4
サイズ:XS、SM、MD、LG
価格:286,000円(税込)

Topstone

アルミモデルは、ドロップドシートステーになりました。

photo_キャノンデール・ジャパン

アクセサリーマウントを豊富に備え、多用途を確保しているのも特徴です。

photo_キャノンデール・ジャパン

700×45Cタイヤまで対応します。

microSHIFT製の10速コンポとProMax製のメカニカルディスクブレーキを搭載した「Topstone 4」のみのラインナップですが、自分の好きなようにカスタムしていくのもよいのでは。

Topstone 4
サイズ:XS、SM、MD、LG
価格:137,500円(税込)

リンク: キャノンデール | Cannondale Bikes – Creating the Perfect Ride

(SUGAI Gen)

自転車が絡む読み物や自転車生活に役立つ商品の紹介を、新しい「CyclingEX」に掲載しています。
コスパ最強!? おすすめクロスバイクを紹介します