TREKのXCハードテールMTB「Procaliber」がモデルチェンジ


TREK(トレック)が、クロスカントリー向けハードテールMTB「Procaliber(プロキャリバー)」をモデルチェンジ。デザインを一新し、カーボンフレームのみのラインナップとなった。

photo_トレック・ジャパン

ProcaliberはXC(クロスカントリー)向けのハードテールMTBだが、前モデルに引き続きTREK得意の振動吸収システム「IsoSpeed」を搭載している。つまり、シートチューブがトップチューブから分離しており、より大きなしなりが得られるというわけ。

もうひとつの特徴は、転倒時などにハンドルが大きく切れてレバー等がフレームにぶつかるのを防ぐ「Knock Block」を搭載していること。その切れ角は58度から62度へとアップし、使い勝手をよくしている。

photo_トレック・ジャパン

フレームのデザインは、より「最近のTREK」らしくなったが、変わったのは見た目だけではない。ヘッドアングルは従来モデルの69.3〜69.6度から68.8度へと寝かされ、ホイールはすべてのフレームサイズで29erとなった(従来はSモデルが27.5インチだった)。

photo_トレック・ジャパン

2021年モデルのProcaliberは、カーボンフレームのみの2モデル展開で、アルミフレームはなくなった。そのかわり、安いほうの「Procaliber 9.5」は、235,000円(税別)とお買い得感のある価格設定だ。

●Procaliber 9.6

photo_トレック・ジャパン

価格:305,000円(税別)

●Procaliber 9.5

photo_トレック・ジャパン

価格:235,000円(税別)

詳細はTREKのWebサイトにて。

リンク: クロスカントリーレースハードテールのトレック Procaliber | Trek Bikes (JP)

(SUGAI Gen)