クロモリ+650Bホイールの多用途モデル「FUJI TALAWAH」


FUJI(フジ)の2021年モデルとして、クロモリフレーム+650Bホイールのマルチパーパスバイク「TALAWAH(タラワ)」が登場している。

photo_アキボウ

FUJIの2019年モデル、そして2020年モデルではアルミフレームで650B(27.5インチ)ホイールを採用した「RAFFISTA」があって、FUJIではそれをSUB(Sports Utility Bike)と呼称していた。今回発表されたTALAWAHの説明にもSUBの文言があるのを見ると、TALAWAHはRAFFISTAの後継と判断してよさそうだ。

photo_アキボウ

フレームがクロモリになったことで、自転車から伝わってくる「圧」が減ったというか、やさしい印象になったのは事実。フレーム素材が変わっただけでなく、フロントフォークにアクセサリー台座が備わりユーティリティ性もアップしている。

photo_アキボウ

タイヤサイズは27.5×1.75インチと太めなので、エアボリュームの多さによる乗り心地のよさにも期待できる。

3カラー、4サイズを用意し、価格は89,000円(税別)。

リンク: ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、FUJI track(フジトラック)/ピストバイク|FUJI BIKE [フジ自転車],株式会社アキボウ

関連記事: おすすめクロスバイク2021年モデル版:通勤や通学にぴったりな1台を選ぼう! – CyclingEX

(SUGAI Gen)