Felt 2021年モデル:700Cになったグラベルロードバイク「BREED | 30」

ライトウェイプロダクツジャパンが、Felt(フェルト)の2021年モデルとして、グラベルロードバイク「BREED | 30」を発表している。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

2019年モデルから登場しているBREEDシリーズは、短めのヘッドチューブをもち、スピード志向の「グラベルレーサー」を名乗っている。2020年モデルまでは650Bホイールを採用していたが、2021年モデルでは700Cホイールとなったのが大きな違い。もともと、フレームは650B/700C両対応だ。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

トップチューブ上にはストレージ用にボトル穴(ボトルケージ台座)を備えているし、51サイズより大きなフレームではダウンチューブにもボトルケージ台座が5つ(3つ穴と、2つ穴)があるので、長距離のグラベルライドに必要なアイテムを携行するのに便利だ。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

メインコンポーネントは、リア11速のシマノ・GRXを搭載。フレームサイズは47、51、54、56を用意する。価格は218,000円(税別)だ。

リンク: Breed | Felt公式日本語Web

(SUGAI Gen)

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。