MERIDA 2021年モデル:快適な高速巡航を可能にする「SCULTURA ENDURANCE」

MERIDA(メリダ)が2021年モデルから投入する新たなエンデュランス系ロードバイクが「SCULTURA ENDURANCE(スクルトゥーラ・エンデュランス)」シリーズだ。

SCULTURA ENDURANCE 4000
photo_メリダジャパン

従来からあるロードバイクのSCULTURAシリーズも昨今はオールラウンダーといった性格だが、2021年モデルから追加されたSCULTURA ENDURANCEは、リラックスした姿勢と高い安定性を生み出すジオメトリー、快適性を重視したフレーム設計、ワイドなタイヤクリアランスといった特徴をもつ。

SCULTURA ENDURANCE 6000
photo_メリダジャパン

700×35Cタイヤが装着できて(標準は32C)、着脱式シートブリッジによりマットガードも取り付けられるので、さまざまな用途に応える1台。しかもUCI認可フレームなので、多用途の極みと言ったところか。

参考リンク: Equipment (UCI)List of approved models of frames and forks (PDF)

SCULTURA ENDURANCE 7000-E
photo_メリダジャパン

完成車のみの販売で、下記の3モデルを用意。

●SCULTURA ENDURANCE 4000
メインコンポーネント:シマノ・105
サイズ:44cm、47cm、49cm、51cm、53cm
価格:289,000円(税別)

●SCULTURA ENDURANCE 6000
メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ
サイズ:44cm、47cm、49cm、51cm、53cm
価格:369,000円(税別)

●SCULTURA ENDURANCE 7000-E
メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ Di2
サイズ:44cm、47cm、49cm、51cm、53cm
価格:520,000円(税別)

リンク: メリダ -MERIDA-

(SUGAI Gen)

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。