MERIDA 2020年モデル:幅広いサイズ展開のカーボンディスクロード「SCULTURA DISC 4000」


CyclingEX的に注目の2020年モデルを、2019年のうちに一気に紹介しきってしまいたいと思います。今回はMERIDA(メリダ)のオールラウンドなカーボンロードバイクです。

photo_ミヤタサイクル

SCULTURA(スクルトゥーラ)シリーズが同社のラインナップにおいて「生粋のロードレーサー」と呼べるような位置付けだったのも、以前の話。もちろん現行モデルもロードレースで活躍しているのですが、レースだけではなくオールラウンドに楽しめるようなバイク作りがなされています。

そしてカーボンからアルミまで幅広く展開されているSCULTURAシリーズの中で、カーボンフレームではもっともお求め安いモデルとして用意されているのが、CF2カーボンフレームを採用した「SCULTURA 4000」であり、今回紹介するのはそのディスクブレーキモデル「SCULTURA DISC 4000」です。

SCULTURA 4000を取り上げるのは2020年モデルが初めてというわけではありませんが、フルカーボンで、油圧ディスクブレーキ採用、メインコンポーネントにシマノ・105を採用して、お値段30万円以内——というのは、2020年モデルの中にあってもやはり魅力的です。

photo_ミヤタサイクル

ちなみに以前はSCULTURA 4000と同等で小さいサイズを用意した「SCULTURA 4100」というモデルもありました。つまり小さいサイズは別モデルになっていたわけです。2020年モデルではこれが統合され、以下のようなサイズ展開となりました。

・41cm(XXS)
・44cm(XXS)
・47cm(XS)
・50cm(S)
・52cm(SM)
・54cm(ML)
・56cm(L)

これにより、身長150cm〜190cmまでカバーしています。小さいサイズと大きいサイズが用意されているのは、やはり良心的と言えます。

価格は269,000円(税別)です。

リンク: メリダ -MERIDA- | ラインナップ | ロードバイク | SCULTURA DISC 4000

(SUGAI Gen)