TREK 2020年モデル:クロスバイクタイプの新型E-BIKE「Verve+2」と「Allant+」


TREK(トレック)の2020年モデルから、クロスバイクタイプの新型E-BIKE「Verve+2」と「Allant+」を紹介します。

スタイリッシュに進化したVerve+2

「Verve+2」は、快適さと実用性を重視したクロスバイクタイプのE-BIKEです。

photo_トレック・ジャパン

前作「Verve+」と同様にボッシュ製の「Active Line Plus」のドライブユニットを搭載して価格を抑えつつ、1回の充電で100km走れる300whの大容量バッテリーを搭載し、日常の足としての航続距離は十分。

フレームは、上体が起きた姿勢で乗ることができる設計。スペンション機構付きのサドル、コントロールしやすくて制動力に優れる油圧式ディスクブレーキ、雨の日でも安心な前後フェンダー、裾が汚れないチェーンガード、荷物が積めるリアキャリア、そして普段使いでは必須のキックスタンドなど、スポーツタイプの自転車が初めての人や、実用性を重視したい人にはうれしい装備が揃っています。

photo_トレック・ジャパン

いちばん小さいサイズは、スカートでもまたぎやすいローステップモデル(スタッガードデザイン)です。

●Verve+2

価格:269,000円(税別)
カラー:Matte Metallic Gunmetal
サイズ:S (ローステップモデル)、 M、L、XL

製品情報: Verve+ 2 Men’s | Trek Bikes (JP)

製品情報: Verve+ 2 Lowstep | Trek Bikes (JP)

スマートかつパワー溢れる「Allant+

もうひとつのニューモデルが、同じくクロスバイクタイプの「Allant+」です。

photo_トレック・ジャパン

TREKが誇るAlphaアルミのフレームを採用し、フレームの造形は同社の他のスポーツサイクルにも通ずる凝ったものとなっています。

まず目立つのが、フレームと一体にデザインされたバッテリーシステムを搭載していること。長い航続距離を実現する500WhのBoschバッテリーが、フレーム内部に収納されます。もちろん容易に着脱可能です。

photo_トレック・ジャパン

そして、軽くて抵抗が少ないBosch製のPerformance Line CXモーターを搭載し、自然な走りを体感できます。

全天候型の油圧ディスクブレーキ、バッテリーから電力供給される前後ライトシステム、前後フェンダーやキックスタンドといった快適&実用装備も充実。また、サイドバッグを取り付けるためにデザインされたスマートなリアラックも特徴でしょう。

photo_トレック・ジャパン

Sサイズのフレームは、スタガードタイプとなっています。

●Allant+ 8

価格:430,000円(税別)
サイズ:M、L、XL

●Allant+ 8 Stagger

価格:430,000円(税別)
サイズ:S

製品情報: Allant+ 8 | Trek Bikes (JP)

製品情報: Allant+ 8 Stagger | Trek Bikes (JP)

(Gen SUGAI)