ケンコートキナー×ジェットダイスケのカメラバッグはサイクリングにも良さそう


ケンコートキナーが、同社の「aosta(アオスタ)」ブランドより、動画クリエイター・写真家のジェットダイスケ氏とコラボしたカメラバッグ「カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK」を発表しています。

photo_ケンコートキナー

カメラバッグの紹介の前に、ジェットダイスケ氏について。近年はなんとかチューバーと呼ばれることの多いジェットダイスケ氏ですが、ビデオブロガーの先駆けであり、レビュー動画の父であり、写真家であり、そしてとても丁寧な人です。

読み物としては、こちらによくまとまっています。

情報源: レビュー動画の父、ジェットダイスケに聞け! 平成最後に、YouTubeを始めた13年前をふりかえって | ギズモード・ジャパン

せっかくなんで、ジェットダイスケ氏が2006〜2008年にやっていたビデオポッドキャストを紹介しておきましょう。

13年前ですよ、これ。

私の中ではいまだにこの頃の印象が強いのですが、2014年には写真家宣言をして、以降はレビュー動画もカメラが中心となっていきます。

2017〜2018年には、蝉の羽化を追った作品『空蝉』シリーズを発表しました。

情報源: ジェットダイスケ作品展『空蝉』 #ジェットダイスケ – Gen Sugai – Medium

情報源: ジェットダイスケ写真展『空蝉II 黄金の鎧』 #ジェットダイスケ – Gen Sugai – Medium

さて、そんなジェットダイスケ氏がケンコートキナーとコラボして生み出されたのが、ライトなフォト散歩にぴったりなカメラバッグ「カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK」です。

photo_ケンコートキナー

本格的で重量級の機材ではなく、ミラーレス一眼と交換レンズ2本程度を携行する「行動バッグ」として作られています。EOS Rよりも、EOS M6が似合う感じです。

photo_ケンコートキナー

ユーティリティ性もしっかり確保してあって、コンデジ等が入るサイドポケットがあります。シチュエーションに応じてミラーレス一眼とコンデジ、スマートフォンを使い分けたい人にはうれしい装備。

photo_ケンコートキナー

ちなみにスマートフォンは、フロントのポケットに入れるのが良さそうです。

photo_ケンコートキナー

フロントには斜めのポケットもあって、クロスなどを入れるのにちょうど良いスペース。

photo_ケンコートキナー

そしてクロスも付属!

製品レビューは今後掲載する予定ですが、軽量・コンパクトなカメラバッグなので、フォトポタリングにもぴったりではないかと思われます。

主なスペックは下記のとおりです。

外寸(W×H×D):350×170×160mm
重量:540g
主素材:TPUナイロン
ファスナー:YKK製
バックル:Duraflex製
企画・デザイン:日本
生産:中国

2019年10月11発売で、価格は13,500円(税別)。販路は「ケンコー・トキナーオンラインショップ」「Amazon」、そして中野の「ケンコー・トキナー サービスショップ」となります。

aosta カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK 10.0L ブラック

製品情報は下記からどうぞ。

リンク: ジェットダイスケモデル PHOTOWALK | ケンコー・トキナー

そしてジェットダイスケ氏本人によるレビュー動画はこちら。ちなみに、自身でプロデュースした製品なのに、ちゃんと「プロモーションを含みます」という表示が出るところが、ジェットダイスケ氏の信頼感ってやつです。

(Gen SUGAI)